木の枝の隙間から覗いた上長瀞駅 - 2018年残暑・秩父 -

こんばんは


先週末の秩父。


上長瀞駅を過ぎる汽車は薄い黒煙。


暑さ寒さは彼岸まで…

すっかり秋らしくなったけど

好天の日はまだまだ夏煙。


水蒸気が白くなる季節が待ち遠しい~


b0190710_19590103.jpg


2018/9/17 上長瀞 5001レ C58363+12系客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

黄金の稲穂が好きな人も紅葉が待ち遠しい人も

枝豆とビールが好きな人もかき氷が好きな人も過ぎゆく夏を惜しむ人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと明日のエネルギーを補給していってください~

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



下から雑木が伸びてきて…画角の下に入り込み…

上にも木の枝が被さっている小さな森の抜け穴からのぞいた眺め。


上の木の枝からは蜘蛛さんが…


たらーんちゅらーんと降りてくるような場所になっていましたー


b0190710_19590181.jpg


汽車の画も蜘蛛の画もだいたい同じ400ミリくらいの構図。


なんとか一緒に写し込めないかなーと悩んだけど…


あまりにも距離が違い過ぎて…

蜘蛛さんに焦点を合わすと街も駅もなにもかも消えましたー



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2018-09-21 20:01 | 秩父鉄道 | Comments(0)