人気ブログランキング |

東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -

こんばんは


今、東京から秋田まで1時間に1本の新幹線で約4時間。

始発は秋田発6時8分で東京着9時47分。

最終列車は東京発20時16分、秋田着23時53分。

秋田から日帰りでたっぷり遊べる時代になりました。


東北新幹線ができる前、昭和55年には…

秋田から山形経由で1日3本の特急電車と夜行列車だけ。

朝いちばんの上野行き、つばさ2号は秋田発8時20分で東京着16時10分…片道で1日がかり…

帰りの最終は上野発13時30分のつばさ5号で秋田着21時22分…日帰りは無理…8時間近く乗り続ける特急電車には食堂車も付いていました。


今日の画は1984年、夕暮れ迫ったころ、山形と福島の県境、急坂の板谷峠を越える特急つばさ。


すでに東北新幹線はできていましたけど秋田新幹線は無くて

盛岡乗り換えでも片道5時間20分、秋田7時13分発で上野12時34分。上野17時発で秋田22時22分…日帰りでは東京滞在時間は4時間半…


まだ上野直通のつばさも走っていました。



東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -_b0190710_18595348.jpg


1984/8/28 板谷→峠 1041M つばさ5号 クハ481-1043他9連 

(画をクリックすると大きな画が開けます)


そして、この頃、通学といえばこんな列車、

手動ドアはたいてい開きっぱなし、たま~に転落事故の噂もありましたねぇ。


東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -_b0190710_18595368.jpg


1982/5/16 下浜→新屋 825レ ED75714+旧型客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



昨日、お葬式の帰り道。


秋田駅で新幹線の時間まで30分くらい時間が余ったので

改札口から徒歩20秒の立ち飲みカウンタ~


秋田の日本酒といえば…最近は新政がメジャー。

ここでも新政の飲み比べなんてありますけど、

せっかく秋田なんだから東京でも飲める新政ではもったいない!!


東京では飲めない美味しいお酒。

とりあえずは飛良泉(ひらいずみ)。


東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -_b0190710_19000537.jpg


山廃の酸味がふわんと香ります~


もちろん、おつまみプレートも~


東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -_b0190710_19000539.jpg


さくっと1杯空けて…


次は雪の茅舎~


東京を目指して峠を越える - 1984年・奥羽本線 -_b0190710_19000597.jpg


こちらも山廃の酸味が心地よい~


雪の茅舎は東京でもたま~に見かけるようになってきたけど

飛良泉は東京の和食屋さんで会うことないですねぇ。

飛良泉は昭和の頃、新政が不味い安いお酒だった頃も

山廃の伝統を守り続けてきた名酒。

新政と違って甘みが前に出ることなくバランスのとれた山廃らしい味のお酒です~



それにしても…平日のお昼過ぎの駅ビルで飲むお酒って美味しいですね~


今日まで会社は忌引き。

昨日でお葬式もぜんぶ片付いたから

今日は出勤しようと思えばできたけど

葬式疲れを取るところまで忌引きだよねぇ〜ということで

ゆっくり朝寝してのんびりだらだら〜

日が暮れる前から家飲みのビールと500円未満の激安フルボディ赤ワインが美味しい〜…って…けっきょく…シチュエーションなんて関係なくお酒は美味しい〜ということですねー



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

過ぎ行く夏を惜しむ人も

食欲の秋が楽しみな人も

食欲の秋が怖い人も

彩りの季節が待ち遠しい人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと

明日のエネルギーを補給していってください~

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2019-08-27 19:08 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(6)

Commented by slow33jp at 2019-08-27 20:43
忌引きとお酒を楽しみましたね!
私はアルコールがダメ。
昔は飲めないのは何とも思わなかったけど
旅先で 例えばグルジア(じょーじあ)のようにワインが水みたいだと損した気分になったし、キューバではちょっとだけ飲んだモヒートでベンチで寝る羽目に。治安のいいキューバでなかったら身ぐるみ剥がされていました!酒が飲めると少し世界が変わっていたかも?
Commented by mosaku319 at 2019-08-27 22:14
そうですね。今では東京も随分と地学なりました。昔東京の見世で働くので乗った急行は一夜を列車で過ごし疲れたっけな~
秋田駅内での立ち飲み、楽しんだようですね。
いつも思うんです。身内が無くなると懐かしい人達を巡り合わせてくれて・・・・・
お疲れ様でした。またいつもの日々が始まりますね。
Commented by chiwari-yuki-y3 at 2019-08-28 07:14
わたしが盛岡に来た時には、すでに新幹線ありましたけど、
その後、時間がずいぶん短縮されて、
わたしが中学時代、電車とバスで通学してた時間と同じくらいになってる(笑)
って、昭和55年…うわぁ…通学の電車に見えない。て、転落事故!?今だったら大騒ぎですね。
わたしも、その頃、京王線で電車通学していましたが…場所が違えば思い出も違って来ますね。
飛良泉も雪の茅舎も飲んだことあります!読んでたらまた飲みたくなっちゃった(笑)
それにしても…秋田駅に、立飲み屋さんがあるんですか!?そりゃ見に行かなくちゃ~
Commented by kogechatora at 2019-08-28 22:30
カフカフカさん 昨日は夏休みが一日増えました〜
今までお酒に遣ったお金を考えると…お酒を飲まなかったらどんだけお金がたまっているのかな〜とすごくもったいない気持ちになります〜
違う意味で少し世界が変わっていたかも?
Commented by kogechatora at 2019-08-28 22:30
mosaku319さん 新幹線ができる前は夜行列車が当たり前でしたね。
固い椅子で過ごす夜…翌日は睡眠不足気味でした…
秋田駅、今はトピコというのかな?どうしてもステーションデパートと言ってしまいます…
身内が亡くなって…久〜しぶりに会った従兄弟、おでこがてっぺんまで広がっていることに驚きました〜
Commented by kogechatora at 2019-08-28 22:30
chiwari-yuki-y2さん 東京から盛岡は2時間ちょっと…ほんとうに近いですね〜
盛岡から秋田は100キロちょっとなのに踏切がある新幹線…1時間半…ここが長い…
昭和の頃、「電車」で通学とは言わず…「汽車通」でした〜
今でもうちの母は新幹線とは言わず、汽車で来たのか?汽車で帰るのか?と聞きます〜
秋田駅の東西連絡通路から見える位置の立ち飲みカウンター、お土産やさんの一角で、そのお店のお土産品を買って持ち込みもできて、飛良泉も雪の茅舎も半合で450円ですー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード