人気ブログランキング |

最後の石炭列車 - 2019年冬・太平洋石炭販売輸送 -

こんばんは


釧路旅行の最後は釧路市の住宅街の小さな駅。


今年3月で運転終了と言われる石炭列車です。


この日は日曜日なのでお休みでしたけど

今にも動き出しそうな石炭列車が止まっていました。


最後の石炭列車 - 2019年冬・太平洋石炭販売輸送 -_b0190710_23182620.jpg


2019/2/17 春採駅

(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


海底炭鉱から坑道を通ってここに石炭が運び出されます。


最後の石炭列車 - 2019年冬・太平洋石炭販売輸送 -_b0190710_23182653.jpg


そしてここから石炭列車で釧路港へ運ばれていましたが

採炭量が減ってトラック輸送に切り替えられてしまうとのこと…


これで日本最後の炭鉱から石炭列車が消えてしまいます。


そんな小さな貨物駅の片隅には

こんな可愛い除雪車や小さな機関車もいましたー


最後の石炭列車 - 2019年冬・太平洋石炭販売輸送 -_b0190710_23182711.jpg



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

雪景色やウィンタースポーツが好きな人も

春の桜や夏の海が待ち遠しい人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと

明日のエネルギーを補給していってください~

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



今週も残業たっぷり…

帰宅は22時を過ぎる日々が続きます…



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2019-02-25 23:20 | 北海道(蒸機以外) | Comments(4)

Commented by chiwari-yuki-y2 at 2019-02-26 03:47
石炭列車って初めて聞きました。
海底に炭鉱があるというのも、(聞いたことはあるけど)リアリティなかったです。
運ばれて来るのが住宅街?そこから港へ送るんですか?
港から今度はどこへ行くんだろう。
石炭列車も、駅も、除雪車や機関車も、フォトジェニックですね。
Commented by マイオ at 2019-02-26 11:53 x
春採ってもっと海岸近くなのかと思ってましたが、若干内陸よりでしかも周辺が
宅地化しているのが意外でした。選炭工場のところから斜坑が始まっていて、
斜坑の傾斜を5-6度程度に緩和するために、逆にあの場所が坑道出口かつ選炭工場に
なったようですね・・・ちゃんと事前に勉強しとくんでした。
Commented by kogechatora at 2019-02-27 01:13
chiwari-yuki-y2さん 昭和の頃、石炭を焚いて走る汽車が石炭を満載した貨車を牽いていた時代がありました。
学校のストーブも巨大な発電所もいつのまにか石油に替わって…ごろごろした石炭を見ることがなくなり…石炭列車も無くなりました…
海底炭鉱、出入り口が海に近い場所じゃなく住宅街の中なのか…はマイオさんのコメントを参照くださいませ。
日本中の石炭火力発電所に送られていた石炭、今後は釧路の発電所などで細々と使われるのかなぁ
Commented by kogechatora at 2019-02-27 01:14
マイオさん 理由は知らず、なぜか住宅街の真ん中に海底炭鉱の出入り口があることだけは知っていたのでした〜
今後も斜抗を上り下りするトロッコは残るはずなので、いつかバテロコが牽くトロッコを撮れたらいいですねっ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード