荒天の予感 - 釧網線・2018年冬 -

こんばんは


昨日に続いて納涼シリーズ(冬に出しそびれたイマイチな画を出すシリーズ?)。


2月の釧網線。


今年2月の道東、

例年ならきーんと冷え込む釧路湿原

今年は…むわっと暖かく…もわっと霞む眺め


荒天を予感させる

不気味な空の色…


b0190710_21261769.jpg


2018/2/11 標茶→茅沼 9381レ C11171+14系客車ほか

(画をクリックすると大きな画が開けます)



この数分後

湿原には雪がどーっと降り…

視界は閉ざされましたー


この日、五十石はこんな白煙の汽車が見えましたけど

この次の駅、茅沼は雪の中でホワイトアウト…


今年も晴れ男パワー全開と感じた2月のことでしたー



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

紫陽花が好きな人もひまわりが好きな人も

枝豆とビールが好きな人もかき氷が好きな人も西瓜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと明日の更新のエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



この画が今年最後の湿原の蒸機となりました。


また来年も湿原に煙が流れることを祈っておりますー


このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



by kogechatora | 2018-07-12 21:29 | 釧網本線 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード