遠くに渡良瀬遊水地を望んでD51が走る - 両毛線・2018年 -

こんばんは


先月の両毛線のD51。


本運転の日は雨上がりの好天。

澄んだ空気の向こうに渡良瀬遊水地まで見通せました。


ちょっと民家や工場など雑多なものが多すぎますけど

平地に緑の森が散らばる眺め

数十万年前には松島や象潟みたいな眺めだったのかなぁ


b0190710_22184283.jpg


2018/5/19 大平下→岩舟 D51498+旧型客車+EF64 37

(画をクリックすると大きな画が開けます)



毎週末、汽車が走る秩父や上越線では山の上から見る眺めは独り占めが当たり前ですけど

先月の両毛線のように数十年ぶりに蒸気機関車が走るイベント、

鉄な人が大集合して線路端に車がずらーっと並ぶ日のお楽しみは~


誰とどんな山の上で遭遇するか?


この日の嬉しい遭遇は

この眺望地を気づかずに通り過ぎたところで遭遇したたまちゃん

汽車の直前にここに駆け上ってきたとしみつさんでしたー



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

桜が好きな人も紫陽花が好きな人も

枝豆とビールが好きな人もかき氷が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと明日の更新のエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



この日の嬉しくない遭遇は…


この真下の人里から山道を登り始めてまもなく…

山道に積もった落ち葉に大蛇の這ったような痕…

いのししさんがミミズを探した跡ですねぇ…


こんな人里近くでも夜中には獣が出るのかぁ…なんて思ってたら…

白昼堂々、近くの藪の中で…


がさっ


大きな獣の気配…


がふっ  


鼻声…


わー

白昼堂々…

こんな人里近くでいのししさんがいる…


三脚でバサバサと近くの枝や葉っぱを叩いて

人間がいるぞー

とアピールしたら

ざざっと遠ざかっていく気配…


いのしし除けのためには

人里近くでも熊鈴は必携ですねぇ…



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



今日のおまけ。


先週末、東京・神楽坂で遭遇したいのししさん…


b0190710_22184227.jpg


神楽坂しゅうごさんで食べた晩ご飯のメインディッシュ。

真っ赤っかの赤身肉は…

栃木のいのししのモモ肉…


晃石山のいのししさん…人里に近づき過ぎないように気をつけてね…


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2018-06-05 22:23 | 群馬・埼玉北部 | Comments(6)

Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-06-06 09:32
象潟の展望台からは、昔の島々があった風景を髣髴させる…って書いてありました。
海沿いの土地は、神秘的だな…と、憧れる下町っ子です^m^

げ~!イノシシ?ばったり会ったら、危ないのでは?
イノシシってお芋を食べるのだと思ってました…みみずも食べるの?ひょえ~
気を付けてくださいね!><
…って、気を付けては、イノシシさんに言った方がいいかもですね^^;
食べられないように、気を付けるんだよ…
Commented by としみつ at 2018-06-06 21:34 x
ここと岩船山。
立て続けにお会いできて嬉しかったです。
自分はあまり俯瞰はしないのである意味奇跡でした。
あの俯瞰場所は清水寺からだとたしかに通りすぎてしまいそうですよね。
自分が初めて登った時はたまたま吹き流しが見えたので通りすぎませんでしたが風が弱かったらずっと先まで行ってたかもしれません。

それにしても本運転の日、わざわざ逆光のシュチュエーションでここに登ってくる物好きはいないだろうなと思っていたら10人近くもいてビックリでした。
Commented by kogechatora at 2018-06-06 22:34
chiwari-yuki-y2さん 象潟は200年前までは松島と同じような風景だったのに、たった1回の地震で陸地になった…もったいないような気がしますー
イノシシもくまモンも人間を襲う趣味はないけど、
至近距離で遭遇してしまうと戦闘モードに入ってしまうことがあるらしいのが怖い…
秋田のタケノコ取りはくまモンも人間もタケノコに気を取られてるうちに超至近距離で遭遇してしまうらしいです…
イノシシくんは雑食、昆虫やミミズが大好物ですよっ
そんなイノシシくんを食べるのは人間くらいでしょうか…
人間に食べられないように気をつけてね〜
Commented by kogechatora at 2018-06-06 22:34
としみつさん 神社から尾根を歩いて…どんどん下って…行き過ぎたかな、戻ろうかなぁと思ったところで、たまちゃんと遭遇。それで行き過ぎたとわかりましたー
両毛線でいちばんメジャーな俯瞰ポイント、
試運転の日に岩舟山の三角点にいた方も、本運転はここに行くと言われていて…
私はもっと集まるかなぁと心配してました〜
Commented by zacho_7henge at 2018-06-07 11:55
なるほど。
イノシシに遭遇したら食べちゃえばいい、と(笑)

いい色味なんですね。シシ肉イメージ変わります^^
Commented by kogechatora at 2018-06-07 22:11
座長七変化さん 食うか食われるか…
ふつう、シシ肉といえば脂たっぷりの牡丹ですけど、
このイノシシは真っ赤な赤身、でも肉そのものの味はしっかりでしたー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード