人気ブログランキング |

日本海に立つ油田を望む尾根の上で - 羽越線・2018年早春 -

こんばんは


土曜日の羽越線。


日本海にぽつんと油田が見えました。


岩船沖油ガス田は日本で唯一の洋上プラットフォームの海洋油ガス田だそうです。


自給率1%未満の貴重な国産の石油を掘っている油田です。


汽車は…石炭を焚かずに無煙で素通りしていきました…


日本海に立つ油田を望む尾根の上で - 羽越線・2018年早春 -_b0190710_16231033.jpg


2018/3/24 中条→平木田 9825レ SL村上ひな街道号 C57180+12系客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)



胎内川から村上の手前まで見晴らす尾根の眺望地。


登山道の手入れをしているという地元の方に会いました。


眺望地の前に大きな山桜が立ち枯れていました。

ある人が枯らしたのだそうです。

あの大山桜がなくなればもっと見通しがきく…


言われて見てみると…そこに桜の枝が広がっていれば胎内川から坂町の手前までしか見えなかった、坂町から村上まで見晴らせるようになったのは桜が枯れたから…でしょう…


ところが…桜の根元の樹皮を剥いで桜を枯らした人は…

広がった眺望を見ることはなかったというのです。


その年のうちに亡くなったというのです…


「バツあだりだ」(罰あたりだ)…

とり返しのつかないことをやった知人に対して、いろんな想いが詰まったような言葉でした。


枯れて何年か経って枝が落ちて幹だけになってなお存在感のあった大山桜。

その花が咲いている姿は

大山桜が枯れて広がった眺望よりも見事な眺めだっただろうなぁと思ったのでありました。



出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

桜が好きな人も花より団子の人も花粉症の人も花粉が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと明日の更新のエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2018-03-25 16:27 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(2)

Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-03-26 02:10
そこに桜があるなら、桜のある風景を楽しめばいいのにね…
雪国だと、道路のラインがわかるように、高い場所に、矢印が並んでいることありますよね。
それが、写真撮るのに邪魔だ…という話が以前あって、
その風景ごと、雪国らしいと楽しめばいいのに…って思ったのです。

>その花が咲いている姿は
>大山桜が枯れて広がった眺望よりも見事な眺めだっただろうなぁと思ったのでありました。
ほんとにそう思います。


Commented by kogechatora at 2018-03-26 23:49
chiwari-yuki-y2さん 桜も雪国の風景も、その地に暮らす人にとっては見慣れた眺め…価値が感じられないのかなぁ…
学生の頃に撮った写真を見ると、当時は余計なものが写った…と思っていた車や人の服装、今になって見返すと貴重なものだったりします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード