鬼怒川の渓谷と白煙 - 東武鬼怒川線・2017年冬 -

こんばんは


年末の鬼怒川線。


昼過ぎには鬼怒川の渓谷の木々の雪は落ちて黒々となりました。


汽車は画面左上にちっちゃな白煙。

スペーシアを待たせて小佐越駅を通過します。


b0190710_23431550.jpg


2017/12/29 小佐越 3レ SL大樹3号 C11207+ヨ8000+14系客車+DE10

(画をクリックすると大きな画が開けます)




出口はこちらから

   ↓

これがねこのエネルギー源です。

雪景色が好きな人もぬくぬくのコタツが好きな人も

常夏の南国が好きな人も

桜の季節が待ち遠しい人も花よりご飯の人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネっと思った人はポチっと明日の更新のエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




明日であの地震から23年。


たった7年前の3月、

テレビは信じられない津波や被災地の映像を、繰り返しくりかえし繰り返しくりかえし何度も何回も流し、東京でも震度5の揺れに驚き慌て、計画停電で止まった電車に往生し、繰り返す余震に怯えたのに…

たった7年前の記憶よりも、

23年前の1月の終わり頃、あの日から1週間くらい経った日に神戸三宮の駅前で感じた衝撃の方が

私には遥かに鮮明に残っている。


あの日から1週間くらい経った日、大阪から福知山線で三田、神戸電鉄、地下鉄を乗り継いで新神戸へ。片道2時間かけて新神戸駅近くで、親会社の流通業の販売応援、下着や弁当などのワゴンセールを4日間。


その昼休み、

三ノ宮駅前で見たのは、

ほとんど全部のビルが折れ曲り、路地は両側から崩れた瓦礫に埋もれ、大ガードも曲がった柱をジャッキで支えられ…

さらにその日は重い雲と冷たい風に寒えた…


たった7年前にテレビで繰り返しくりかえし繰り返しくりかえし何度も何回も見た映像よりも

23年前に自分で1回だけ見た風景、冷たい風、「家、潰れた」と笑顔で言ったおばさんになんと答えていいのかわからなかったこと…の方が鮮明に記憶に残っている。


いつか

技術が進んで

ただの映像と音声だけでなく、

その場の空気や雰囲気、におい、

辛い悲しみまで伝えられる日が来ると思う。


その場に居合わせた人以外にも、

その場にいるかのように全てを伝えることができる日が来たら

その場にいる人のことを思い、寄り添える優しさが生まれるだろうと思う。



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2018-01-16 23:45 | 東武鬼怒川線 | Comments(4)

Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-01-17 06:49
わたし、東日本大震災の頃、よく宮古へ行っていて…
知り合いもいたので、気が気でなかったです。
震災後しばらく経ってから行ったのですが、
家が、ストンと落ちてる様子、ケチャップや調味料、お人形…色々な物が落ちていて、
そして何とも言えない臭いがあって…

阪神・淡路大震災の時は、ちょうどそのお正月に、神戸などへ旅行していて、
自分が見た場所、歩いた場所が…って、目を疑いました。

ただ、リアルに伝えられなければ、想像して寄り添うことができないのでは、
どれだけリアルに伝えても、それに慣れて、結局思いやることはできないのでは?とも思います。
どちらにしろ、相手の気持ちになるのは難しいですよね。
普段でも難しいのに、「想像を絶する事態」なんだもんね。

宮古の方々は、家もなくして、体調を崩されたり大変なのに、
訪ねて行くと、避難所で、「お茶淹れるから」とか、お菓子持って行きなさいとか…
強いな~って、脱帽でした。きちんと生活して来た方々の強さは、付け焼刃じゃないな~って。
Commented by zakkkan at 2018-01-17 10:28
時間だけが過ぎて、心が少し戸惑い気味に残されて
不完全燃焼な23年
それでも、記憶という名の箱の中で、生きてます
思い出せます・・
何も出来なくても、刻んでいる時に、重ねています・・
合掌・・
Commented by kogechatora at 2018-01-18 00:04
chiwari-yuki-y2さん 色々な物が落ちていて〜何とも言えない臭い…そんな感覚をもっともっとリアルに伝えたい、と思ってましたけど…
「想像を絶する事態」…
どれだけリアルに伝えても…
天災や戦災、迫害、そんな情報がリアルに次々に伝わって来たら…慣れてしまうしかなく…結局思いやることができないですね…

写真にできることとは何だろう
伝えることとは何だろう
難しいですね…

家をなくした人、もっと大事なものを失った人、
被災地の外から来た人の前では強い人ですね。
自分もその場に置かれた時、そんな気遣いできるかな?…
23年前も思ったし、今回yukiさんのコメントを見ても同じことを思ったのでした。
Commented by kogechatora at 2018-01-18 00:08
zakkkanさん 時間は過ぎても不完全燃焼なのですね。
悲しい記憶を伝えていただきありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード