人気ブログランキング |

北のはて

こんばんは

今日も在庫消化週間。

海の向こうに素晴らしい山を見たのは30年前。

北のはて   _b0190710_225709.jpg

1985/7/19 豊富町
(画をクリックすると大きな画が開けます)

翌日はどんよりと曇って真夏とは思えない肌寒い日になり、
利尻は見えなかった。

稚内から歩くこと1時間以上、
草と笹の大地と海が出会う場所で朱い気動車を撮った。

北のはて   _b0190710_2257365.jpg

1985/7/20 抜海→南稚内 331D キハ22 264
(画をクリックすると大きな画が開けます)

翌年の3月半ば、まだ雪に覆われたサロベツの向こうに利尻富士を見ることができた。

北のはて   _b0190710_2258399.jpg

1986/3/13 稚内
(画をクリックすると大きな画が開けます)


あれから約30年、社会人になってから一度も利尻富士を見ていない。

いつか時間が出来たら絶対に訪れたいと思いつつ…


本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
皆様のポチをエネルギーに今日も更新しました。
明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ここは楽しい世界の入り口です。



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2015-10-02 22:58 | 北海道(蒸機以外) | Comments(5)

Commented by マイオ at 2015-10-03 11:49 x
私は学生時代は行っても見えず、その後は一度も行ってません。
つまり生まれてこのかた、利尻富士を見たことがない・・・。
うらやましいなぁ
Commented by とおりすがりです at 2015-10-04 16:44 x
私はかつて、ここまであれだけ歩いたのに3戦全敗でした。
3回とも前夜の天気予報が「宗谷地方 晴れ」で、夜行利尻の車窓からも山の全容が見えていたのに...
かろうじて、うち1回は山の下半分とC55を無理やり組み合わせた単なる証拠写真が撮れただけでした。
その20数年後、利尻山の北西側の麓から別の被写体との組み合わせで会心の陣容をモノにできた時には、かつてのリベンジを果たせた思いでした。

すばらしい山の作品、そして懐かしい地形がわかるキハ22の作品、堪能させていただきました。
Commented by kogechatora at 2015-10-04 22:37
マイオさん もしかしてマイオさんは雨男?

去年も今年も羽越線に雨を呼びました??

高校生の頃には山歩きのお供として16時のラジオで天気図を書き
北海道は3月なら雪はあるけど冬型が緩んで晴れる日も多い…なんてことを調べることが大好きな文系??でした〜
Commented by kogechatora at 2015-10-04 22:37
マイオさん もしかしてマイオさんは雨男?

去年も今年も羽越線に雨を呼びました??

高校生の頃には山歩きのお供として16時のラジオで天気図を書き
北海道は3月なら雪はあるけど冬型が緩んで晴れる日も多い…なんてことを調べることが大好きな文系??でした〜
Commented by kogechatora at 2015-10-04 22:37
とおりすがりですさん

夜行利尻から山が見えていたなら、1時間強の歩きにも気合いが入ったことでしょう。

でも…この山の全容を見るよりもC55や96を見たかったなぁ…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード