人気ブログランキング |

最果ての街を後に熊笹の波をかき分ける - 宗谷本線 -

こんばんは

稚内を発車して
宗谷湾を背に
熊笹が波のように広がるサロベツ原野へ向かう324列車。
旭川まで6時間50分の旅が始まります。

最果ての街を後に熊笹の波をかき分ける - 宗谷本線 -  _b0190710_23405463.jpg

1985/7/20 南稚内→抜海 324レ DD51+マニ50+オハフ51
(画をクリックすると大きな画が開けます)


本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


皆様のポチをエネルギーに今夜も更新しました。
明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

by kogechatora | 2015-02-25 23:41 | 北海道(蒸機以外) | Comments(4)

Commented by くろくま at 2015-02-26 00:10 x
一度は行ってみたかったサロベツの夏ですが
10年後には寂しい編成になっていたんですね。

少し哀しい思いです。
Commented by とおりすがりです at 2015-02-26 22:03 x
利尻富士バックのC55牽引324列車に三度挑むも玉砕した痛い思い出の区間です。
その後ある飛行機のポスターで得心の一撃を喰らわせるまで、利尻富士には25年もの間、敗北感だけを感じていたものでした。

DD51時代にはこんなミニマムの編成になっていたとは初めて知りました。
名寄で増結するんでしょうね。
ほろりときます貴重な作品をありがとうございました。
Commented by kogechatora at 2015-02-26 23:47
くろくまさん この頃はまだ機関車と荷物車と客車の3両もつながった編成でしたけど、今は気動車(たぶん単行)に変わって、名寄止まりになっていますね。

この風景だけはたぶん変わっていないことでしょう。
いつか時間を持て余せるようになったら行ってみたい場所であります。
Commented by kogechatora at 2015-02-26 23:47
とおりすがりですさん 雪の季節には毎日毎日、雪が降って利尻が見える日はごく僅か。
夏もこんなどんよりした天気が多く…この前日もこの日も午前中は利尻は見えませんでした。

ここでは翌年の3月に雪晴れの利尻を撮っています。
今になってみるとその頃から晴れ男だったようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード