人気ブログランキング |

朝 - 1982年・宗谷本線 -

格安航空会社とやらが話題になっています。
関空から福岡まで数千円。
目指すは高速バス並みの運賃とか。
ついでにCAも年齢・経歴不問とか。

30年前、安い旅は夜行列車でした。

今や夜行列車は絶滅危惧種…
バスに追われ…そして飛行機に関空から福岡や千歳まで数千円で乗れてしまう時代…
便利になった…ことは確かですね…

あの頃、夜の札幌駅で周遊券を握りしめて、「利尻」に乗ろうか、「大雪」にしようか…それとも函館行き46レ…
そして翌朝、目覚めると窓の外には高木の無い独特の風景が広がったものでした。
今、札幌発の夜行急行は「はまなす」だけ。
もう、あの頃のような旅を楽しむことは出来なくなってしまいました。

朝 - 1982年・宗谷本線 -_b0190710_21512544.jpg

1982/8/8 抜海→南稚内 317レ急行「利尻」 DD51+旧型客車・10系寝台車 

この前夜、ねこの宿はこちら。

朝 - 1982年・宗谷本線 -_b0190710_21513676.jpg

1982/8/7 札幌 8319D急行「利尻51号」

稚内行き臨時利尻でした。
そして南稚内から線路に沿って急ぎ、適当なところで利尻を迎え撃ちました。

写真に写った利尻は普通車5両にグリーン車と寝台車3両で9両編成。
臨時利尻は記録も記憶もありませんが、たぶん気動車3~4両だったのでは(写真では指定席車まで付いていたんですね)。
10両以上の車両が相当の乗車率…
今とは全く違う時代のことでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ここでポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

by kogechatora | 2012-03-02 21:51 | 北海道(蒸機以外) | Comments(2)

Commented by くろくま at 2012-03-05 20:13 x
これって、結構現役蒸機世代でもグッときますよ。
臨時の「利尻51」は昼行だったのですね。「天北」って感じです。
で、このキハの色合いが懐かしい!! 雪を巻き上げた後ろ姿も見てみたいものです。

抜海—南稚内も懐かしいですよ。夏場には本当の原野だったんですね。
長編成の青客、なんでこれを被写体にしなかったのか、ちょっとだけ悔やまれます。
Commented by kogechatora at 2012-03-06 22:39
くろくまさん 夏の抜海−南稚内、一面の熊笹…送電線の保守道から撮った記憶があります。
蒸機時代、C58の牽く「大雪」はあちこちで見ますけど「利尻」は見ないですね。
稚内着が早過ぎたからなのか、海岸から南稚内に至るこの区間、あまり勾配は無さそうで煙は期待できなかったのかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード