タグ:D51 ( 319 ) タグの人気記事

黒い機関車と焦げ茶色の客車 - 2017年早春・上越線 -

こんばんは


日差しが赤くなり始める午後3時頃の水上駅


2番線には焦げ茶色の客車

給水と昼休みを終えた蒸気機関車は

1番線を通り過ぎます。

機関車はこの後、バックで2番線に入って客車に連結されます。


b0190710_22540774.jpg

2017/3/25 水上 D51498

(画をクリックすると大きな画が開けます)



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村







にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-04-04 22:56 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

春まだ遠い真田の里 - 2017年・上越線 -

こんばんは


先週末の上越線


後閑築堤を登る汽車を正面がちに見下ろしました


この辺りは真田の里

汽車は沼田を過ぎて

小田原征伐のきっかけになった名胡桃城を左手に見て

上越国境に向かいます


b0190710_19543665.jpg

2017/3/25 後閑→上牧 8731レ D51498+旧型客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


真田の里は

越後の上杉と関八州の北条がぶつかった地。


冬が近づくと三国峠を越えて上杉が押し寄せて収穫を奪って冬を過ごし

春になると雪の溶けた本国に引き上げる。

沼田、渋川の白井城、厩橋(前橋)あたりは

川中島のような派手さは無いけど歴史が詰まった里です。



出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。




にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


by kogechatora | 2017-04-02 19:56 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

春らしさのない眺め - 2017年早春・上越線 -

こんばんは

先週末の上越線。

眺めは未だ冬枯れの頃と変わらず
花も新緑も未だ何もありませんでした。

b0190710_22301892.jpg

2016/9/4 後閑→上牧 8731レ D51498+12系客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-03-30 22:30 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

お蚕様の里を汽車が走る - 2017年早春・上越線 -

こんばんは


お蚕様を飼っていた越屋根の旧家や土蔵。


近くにはトタン屋根の民家や白いガードレール。


21世紀の利根川上流域を蒸気機関車と焦げ茶色の客車が走ります。


b0190710_22151140.jpg

2016/9/4 上牧→水上 8731レ D51498+12系客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


吊橋の見える山の上、

木の枝の隙間からこんな眺めも見えます。


吊橋の眺めもいいですけど

越屋根の民家の後ろを汽車が走る眺めも好ましい。



出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



by kogechatora | 2017-03-29 22:18 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

吊橋の見えない風景 - 2016年・上越線 -

こんばんは


一昨日、アップした画と同じあたりを走る汽車。


低いところから見ると吊橋も棚田も見えません…


b0190710_22380924.jpg


2016/9/4 後閑→上牧 8731レ D51498+12系客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



by kogechatora | 2017-03-28 22:41 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

水上発車 - 2017年早春・上越線 -

こんばんは

黒い煙を吐いて
ドレーン切って
汽車はゆっくり動き出します

b0190710_22313493.jpg

2017/3/25 水上 8732レ D51498+旧型客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


先週土曜日の上越線
昼過ぎから空には薄雲が広がり始めました。

上越線の復路は下り坂、
煙が期待できるのは水上発車、後閑発車、渋川発車。
発車以外は煙は望めず。

快晴なら夕方の日差しに光る機関車もいいけど
薄雲が日差しを遮ると…
煙もギラリもない日の高みは難しい…

どこで撮るかと悩みながら
三脚の並ぶ水上発車のお立ち台を見ると
いい場所が空いてますねぇ〜

たまには定番のお立ち台で撮ってみましょうか〜

なんて慣れないことをやったら
煙は右に流れて画面の外へ…

きれいに立ち上がる煙と
その上に残雪
なんて期待した構図は成立しませんでした…

出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-03-27 22:32 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

吊橋のある風景 - 2017年早春・上越線 -

こんばんは


利根川上流

小さな吊橋と小さな棚田の風景を汽車が走ります。


b0190710_17390347.jpg

2017/3/25 後閑→上牧 8731レ D51498+旧型客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


昨日は10時半の時点でまだ気温5℃。

夏には山蛭やマムシの出る山、

道は倒木に遮られ草薮に隠されて途切れてしまい

倒木を巻いて藪を漕いで辿り着く山頂、

山蛭やマムシが動き出す前の寒い季節限定の眺めです。


初めて登った昨冬も今回も…

登る途中で道を見失って

急な斜面をむりやり直登…

頂上近くの尾根にやっと上がって、

ぜーぜーはーはー…心臓ばくばく

尾根に寝そべってしばらく動けませんでした~


下りも去年も今年も最初は道を下ったのに

またまたまた途中で倒木に行き当たって巻いているうちに道を見失い…

結局は藪を強行突破。


たぶん道は倒木や草薮に隠されて途切れてしまっているようです。


道がわかれば山蛭やマムシの季節でも登れるんですけど

藪漕ぎ必須となると

棚田に水が入った季節は難しそうです…


出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


by kogechatora | 2017-03-26 17:41 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

後閑発車 - 2017年早春・上越線 -

こんばんは

まだ寒い今日の上越線
後閑を発車した汽車はいい煙でした〜

b0190710_081571.jpg

2017/3/25 後閑→上牧 8731レ D51498+旧型客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-03-26 00:08 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

1.17〜3.11

こんばんは


1995年1月17日、テレビに映った神戸の街は信じられなかった。


その1週間後、

会社の震災対応で

新神戸の駅前に水やパンツを売るワゴンセールに駆り出され…

昼休みに自分の目で見た三宮の駅前

全てのビルが折れ曲がり

三宮のガードは折れた柱をジャッキが支えていて

歩道の頭上ではクーラーの室外機が今にも落ちそうに揺れていた。


まだ携帯電話も持っていなかったし

インターネットという言葉を初めて聞いたのもあの頃だった。

会社の研修施設に泊まった4泊5日

2台しかない公衆電話に並んで10円玉を積んで

後ろから急かされながら彼女の自宅にかけた電話に出たのは

いつも通り、不愉快そうな不機嫌そうな彼女の父親の声。


それから16年が過ぎて2011年。

誰もが携帯を持ち、インターネットに繋がった時代

「彼女に電話するとお父さんが出たんだよ」なんてことを言うと「えーっ。信じられなーい、なんで違う人が電話に出るの~??」などと抜かす若造が新入社員になった頃、

テレビに映った三陸、三八上北から宮城の沿岸の津波の映像が信じられなかった。


さらにその数日後、原発の壁が吹き飛んだり、消防車や自衛隊のヘリが破滅を食い止めようとする様はもっともっと非現実的であり

あげくには計画停電で真っ暗になった東京郊外の街や動かない電車も現実のことと思えなかった。


さて…


これから先、10年後、20年後、30年後…


どんな大災害が襲ってくるのか


それとも火星人がやってくるのか


核戦争が起きるのか


何が起きるのか

怖いようであり

楽しそうでもあり

あと50年100年くらいは

見て見たいとも思う。


b0190710_22504932.jpg

2015/12/12 後閑→上牧 8735レ D51498+旧型客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)



出口はこちらから

   ↓

皆様のポチをエネルギーに今日も更新しました。

明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-03-10 22:53 | 上越線(高崎?水上) | Comments(2)

12月の逆光 - 上越線 -

こんばんは


いちばん光線が低い季節

利根川も汽車の煙も逆光に光りました。


b0190710_23152786.jpg

2015/12/12 後閑→上牧 8735レ D51498+旧型客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


昨日に引き続き在庫画です。


出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-03-08 23:18 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)