斜光に輝く - 飯田線 -

こんばんは

早春の16時45分
山の端に隠れる間際の光に電車の顏が光った。

b0190710_22225471.jpg

1982/3/22 伊那福岡→田切 1230M

冬至が近い頃の15時
伊那松島機関区に並ぶ電車の顔も輝いていた。

b0190710_22233310.jpg

1982/12/20 伊那松島機関区 クハユニ56003


出口はこちらから
   ↓
皆様のポチをエネルギーに今日も更新しました。
明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


今日は朝から激しい雨が降ったり日射しが射し込んだり不安定な天候。

こんな日は駄作作りを止めにして名作巡り。

新宿エルタワーで風太郎さんの「旅のたまゆら」

五能線、津軽鉄道や宗谷線、蒲原鉄道…

同じ頃に同じようにカメラを持って彷徨っていたはずなのに
全く及びもつかない素晴らしい感性…

駅や車内のスナップには
駅や車内に溢れていた方言や高校生のパワーが凝縮されていました。
まだまだローカル線にも駅ごとに人の乗り降りがあった頃、
方言の飛び交う車内で
自分だけが異質な存在…
カメラを取り出す勇気もなく
存在を隠していた頃の自分を思い出し
何も記録を残せなかったことが今さら残念に感じました。

その次は
koppel-2さんの鉄博を見て…
大宮の夜に佇むC51に感動。

素晴らしい画を見たところで
自分の腕が上がるわけではなく…
明日は性懲りも無く
駄作を作りに線路端を彷徨ってまいります。


このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ここは楽しい世界の入り口です。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2016-08-20 22:25 | 飯田線 | Comments(4)

雨の奥天竜 - 飯田線・1982年 -

こんばんは

34年前、高校2年の夏休みの思い出は雨

b0190710_19221484.jpg

1982/7/24 向市場→城西 1222M クモニ13+旧型国電

b0190710_19223435.jpg

1982/7/24 中部天竜 291レ ED6212+貨物列車  
(画をクリックすると大きな画が開けます)


この日は梅雨の終わりの大雨
あっちこっちで運休…
新聞を買って大雨のニュースや天気図を見て悩んだ記憶が残っています

この日の宿はたぶん京都発の夜行鈍行「山陰」だったのでしょう
京都では雨で立ち往生するEF58をバルブ撮影
翌日の朝は倉吉、昼は雨の余部鉄橋でした

出口はこちらから
   ↓
皆様のポチをエネルギーに今日も更新しました。
明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ここは楽しい世界の入り口です。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2016-07-16 19:27 | 飯田線 | Comments(4)

濃紺の渓谷を青い機関車と青い客車が渡る - 1990年晩秋・飯田線 -

こんばんは

長篠の古戦場近く、
濃紺の渓谷にかかる煉瓦の橋脚が支える鉄橋
EF58がお座敷列車を惹いて渡って行きます。

b0190710_23583670.jpg

1990/12/2 長篠城→鳥居 列車番号不明 EF58157+12系客車(静ヌマ和式客車)
(画をクリックすると大きな画が開けます)

もう少し早い時間、
渓谷に日が射し込んでいた頃、
通り過ぎた普通列車はオレンジと濃い緑のかぼちゃ色でした。


b0190710_2359350.jpg

1990/12/2 長篠城→鳥居 2220M 115系?113系?
(画をクリックすると大きな画が開けます)



このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ここは楽しい世界の入り口です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


今日、田舎の母から届いたメール。(要約)

「用事を終えて帰宅したら玄関に景品の山!
 Y新聞の購読契約。
 数日前に断って終わったと思っていたら留守中に来て
 勝手に契約書を書いて(アルツが進行しつつある父は書けなくて)
 判子の箇所は「印」と書いて○で囲んでいた。
 父はどうやら家の中をハンコを探しまわったらしく…あちこち散らかっていた…
 即、販売店に電話してお断り!」



まだ正常な婆さんが断った数日後に
惚け爺さんに印を押させようとしたY新聞。

そんな企業が「国民に知識教養を広く伝える役割」と自称して軽減税率適用など腹立たしい!


本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
東京ドームが好きな人もアンチな人もどっちでもええわぁと思う人も
とりあえずはここをポチッと押してくださいませ。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2015-12-19 00:01 | 飯田線 | Comments(0)

南アルプスを望む築堤

こんばんは

冬の伊那谷。

南アルプスを望む築堤を電車が走ります。

クモハ53008とクハ47は関西急電のお下がり。
湘南電車の顔をしたクモニ83と17メートル車のクモニ13もかつては東海道や首都圏を駆け回っていた旧型国電。

この頃の飯田線は、往年の名車が素晴らしい風景の中を走っていました。

b0190710_22245112.jpg

1982/12/20 田切→伊那福岡 245M クモニ83+クモニ13+クハ47+クモハ53008
(画をクリックすると大きな画が開けます)


本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

今週も1週間と持たずにネタ切れ。

明日は大井川の重連でネタを仕込んでまいります。


皆様のポチをエネルギーに今夜も更新しました。
明日の更新のエネルギーをポチッと押してってください。
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

by kogechatora | 2015-03-07 22:25 | 飯田線 | Comments(0)

休息 - 1982年・飯田線 -

夜明け前の電車区、電車や機関車が休んでいました。

b0190710_21505239.jpg

1982/3/22 伊那松島機関区 ED62、クハ86、クハ47?他

木曜日の朝、通常通りに出勤。
トラブルに続くトラブル…
60時間以上経って漸く帰宅しました……

さあ、ビール呑んで寝るぞぉー

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
疲労困憊のねこに1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

by kogechatora | 2011-06-11 21:51 | 飯田線 | Comments(4)

南アルプスを背景に - 1982年飯田線 -

本日は酔っ払いにつき準備済みのネタでご容赦を。
いい歳の酔っ払い、世の中のこと、いろいろクダを巻きたいこともありますが、酔っ払い状態では何も言わんことにしときます。




この日はこの小さな駅で降りたようです。

b0190710_23401651.jpg

1982/3/22 高遠原 290レ ED627+貨車

歩いて行くと小さな鉄橋があったんですね。

b0190710_23403470.jpg

1982/3/22 高遠原→七久保 247M クモハ53001他

そして線路を離れて少し高い場所へ。

b0190710_23405388.jpg

1982/3/22 高遠原←七久保(後追い) 1228M 旧型国電

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(キャットフード)です。
ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

明日も明後日も定時後はお酒の予定。。。。
さてここの更新はどうなることやら。。。。。。。。。。

by kogechatora | 2011-03-01 23:41 | 飯田線 | Comments(2)

南アルプスを背景に - 1982年飯田線 -

晴れた早春の日、赤石山脈を背に走る電車や貨物列車を眺めました。

b0190710_2301619.jpg

1982/3/22 七久保→高遠原 1228M 旧型国電

b0190710_2302570.jpg

1982/3/22 高遠原→七久保 281レ ED628+貨車

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(キャットフード)です。
ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。


古いポジフィルムを保存を目的に古い順に徹底的にスキャンし始めました。
今まではブログアップしようと思ったものだけ、散発的にデジタル化していたのですが。

すると、自分で撮ったことを覚えていない画が次々出てきてなかなか楽しいものです。
とはいっても、埃除去しながら高解像度で、となると進捗は遅々として進まず。
数時間かけて漸く10本程度が完了。
このペースで行ったらデジタル化完了は何年先のことやら…

by kogechatora | 2011-01-24 23:00 | 飯田線 | Comments(2)

半流・広窓・張り上げ屋根

なぜこんな場所で撮っていたのか、今になってみると全く覚えていません。
周りが開けていて撮れそうだから、と適当に降りたんでしょうか。
今、この画を見た感想は、もっと良い場所で撮りたかった、です。
伊那谷で南アルプスをバックに、県境区間の鉄橋で、飯田線には素晴らしい場所がたくさんあったのに…

b0190710_23374449.jpg

1981/12/20 大海→鳥居 1223M クモハ53008〜クモハユニ64000

昭和12年生まれの電車。
蒸機と比べると決して古くは無いですが、電車の動態保存なんて無いですねえ。
煙も出ないし、集客力=素人受けは悪いでしょう。寂しいことです。

一方で昭和40年生まれのキハ52、いすみ鉄道は車両オーナー制度として募金を募っています
撮るだけでお金を落とさない鉄ちゃんから適正な対価を徴収する方法として良い方法だと思います。
プレミアム車両オーナー制度は50万円で、「年に一度、「あなただけのために」キハ52を特別貸切運転いたします。」だそうです。
でも50万円はちょっと高過ぎて、私には手が出ません。
5万円の車両オーナー制度は、1日乗車券3枚、車内にプレート掲示。
5千円のサポーター制度はお手軽コースですね。撮影1回出撃分の交通費、または会社帰りのちょっと一杯、そんな募金で鉄道車両を保存しましょう、と言うのは蒸機以外の車両の保存の決め手かなあ、と思います。
もちろん、ねこも自分の財布と相談の上、適当なお金を出させていただきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(キャットフード)です。
ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

by kogechatora | 2011-01-19 23:40 | 飯田線 | Comments(2)

初冬の飯田線 - 1981年 -

旧型電車が来たとき、日が射し込みました

b0190710_22285179.jpg

1981/12/20 野田城→東上 1222M クモニ83〜クモハ53008

当時の飯田線では新型だった80系はいいかげんな撮り方でした。

b0190710_2229769.jpg

1981/12/20 江島→東上 629M 80系

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(キャットフード)です。
ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

今日は休業日。明日は出撃予定。
今日は古いポジを少しスキャンしました。
1981年の12月の数日分。飯田線の旧型国電、可部線の72系など。

まだまだねこが子ねこだったころ。
やっぱりこの頃の写真はレベルが低過ぎて、ブログに使えるものはほとんどありません。

スキャンの目的自体、ネタ探しというよりも、過去の記録のデジタル化・保存のつもりなので、まあ仕方無いかと。

そんな中から比較的マトモな画を探しました。

by kogechatora | 2011-01-15 22:29 | 飯田線 | Comments(0)

過去ブログ記事 飯田線

旧ブログ(YahooBlog)の記事を撮影地毎にまとめました。
古いものもありますが、撮影地探しなど活用いただければ幸いです。

伊那松島
 1982/3/22
 1982/12/20

田切~伊那福岡
 1982/12/20(冬山をバックに定番アングルで)
  
平岡→為栗
 1982/12/21(旧型国電の水鏡)
 1982/12/21(ED62の貨物列車)

 

by kogechatora | 2010-07-18 20:23 | 飯田線 | Comments(0)