蕾ほころぶ

日曜日、真岡では梅の蕾がほころんでいました~

b0190710_22282229.jpg


翌月曜日の東京は暖かい雨。

一気に杉の花が開いた感じ…


今日、火曜日は強い冷たい風に乗って

花粉がドーッと飛んできた感じ。


鼻詰まりと鼻水の季節がきちゃいました…



by kogechatora | 2017-02-21 22:30 | Comments(2)

朝の空

超早起きした金曜日の朝
羽田空港で朝練。

6時50分過ぎは朝イチ便の離陸ラッシュ。
朝日を浴びて何もかもオレンジ色。

b0190710_23365091.jpg


自分の乗る飛行機も離陸。

左手には富士山が見えました〜
防音壁に囲まれた外環道は蛇みたいに見えますねぇ

b0190710_23371222.jpg


超早起きの朝
ここで意識が途切れました…

次に目覚めた時には雪を冠った山々
北の大地が見えてきました〜

b0190710_23373889.jpg


何の関係もないけどとりあえずポチッとお願いします〜
     ↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-02-04 23:37 | Comments(0)

北国の晩夏

北国では蓮がまだまだ盛りだった。

b0190710_21463952.jpg


2016/8/24 秋田市

しかし、盛夏に比べると日射しは柔らかくなってきた。

b0190710_21465476.jpg


悲しい知らせを受けた日は夏休みの帰省中。

実家で老親とともに
ぼんやりと興味も無いテレビを見ながら時を過ごすことに耐えられなくなった。
カメラを持って
日射しの照りつける公園のお濠端に立ち
ファインダーに集中しようとした。

by kogechatora | 2016-08-29 21:48 | Comments(0)

懐かしい汽車の眺め - 2015年冬・碓氷峠鉄道文化むら -

こんばんは

横川駅の隣に広がる碓氷峠鉄道文化むら。

ゲートを抜けると懐かしい特急電車がお出迎え〜

b0190710_230216.jpg

2015/12/19 碓氷峠鉄道文化むら(以下同じ)
(画をクリックすると大きな画が開けます)

その先には黒く光るD51

b0190710_2302754.jpg


鉄道が人だけじゃなく郵便も小荷物も運んでいた時代、
たった30年前には現役だった車両が並んでいました。

b0190710_2305261.jpg


先週末は安中から磯部へ向かう汽車を俯瞰した後
横川駅でD51を撮りました。

横川駅では駐車場はガラガラ
汽車にカメラを向ける人も数名だけ。

ふだんは家族連れで賑わう鉄道公園も静かでした。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


本日もご訪問いただきありがとうございます。
ほぼ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
冬晴れが好きな人も冬は雪景色と思う人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2015-12-22 23:01 | Comments(4)

今年の黄色

今年はピークを撮り逃してしまいました〜

ピークには右左から覆いかぶさる黄色い天蓋。
先週末、右は残ってるけど左はほとんど散ってました…

b0190710_2121265.jpg

2015/11/29 光が丘

by kogechatora | 2015-12-05 21:02 | Comments(0)

上越国境に虹が立つ

谷川岳の方角は冬雲に覆われています。
上越国境の南側には日射しが射し込んで
冬雲と日射しの境界線に虹が立ちました。

b0190710_2212527.jpg

2015/11/21 みなかみ町

by kogechatora | 2015-11-25 21:11 | Comments(2)

紅葉の只見川に虹が立った

先週土曜日、曇り空の合間に日が射し込んだ時、
紅葉の山をバックに虹が立ちました。

b0190710_2034686.jpg

2015/10/31

by kogechatora | 2015-11-08 20:34 | Comments(2)

芸術の秋

今週火曜日、午前中は秩父の紅葉を偵察。
午後は東京都美術館のモネ展へ。
閉館時間は17時30分。
閉館2時間前に着いたけど入り口でいきなり10分待ち。
休日午後の展示室は人人人…とにかく人がいっぱい…
画の前の人の流れは悪くて…このペースで行ったら睡蓮に着くまでに閉館時間になっちゃう〜と心配になるほど。

でも……
前半はモネの描いた家族の肖像やモネが収集した小品(ピサロやロダン、シニャック、ドラクロワなど)。
その辺りは人の後ろや隙間から覗いてさっさと先に進みました。

肝心の睡蓮やジヴェルニーの庭の展示になると…
家族連れ子供連れの皆さんはお疲れらしくどんどん流れていきます。

1分も待たずに画の正面に立てる〜

さぁここからだぁ!

と気合いを入れて!
「サン=ラザール駅」の蒸気機関車の蒸気の描写に10分くらい立ち止まり
睡蓮やしだれ柳の連作をのんびり眺めて〜

展示室を出たら〜
まだ明るい〜

b0190710_22234494.jpg


呑みに行くにはまだ明るいねぇ…ちょっと早いかなぁ…
と言いながらも…
美味しいお魚とワインのお店へと向かったのでありました〜

それにしても…最晩年の画は印象を通り越して抽象だぁ〜とあらためて感じたモネの感性でした〜

by kogechatora | 2015-11-06 22:24 | Comments(0)

止まない雨

豪雨被害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。

宇宙の138億年の歴史や
地球の45億年の歴史を前提にしたら止まない雨は絶対にありません。

でも堤防がキレるまでに止まない雨で被災された方には止まなかった雨です。

そして短い花の命を基準にしたら止まない雨はいくらでもあります。

ベランダの睡蓮鉢、今年最後の花、
9月6日に開いてから一度も明るい日射しを浴びること無く
短い花の命を終わりました。

b0190710_215247.jpg


先日、帰省したとき、
中年ニートの従兄弟が就職したと聞いて
何かお祝いをせねば…と思ったものの…

ようやく決めた就職先は
介護の現場。
今までは○○書士とか××士とかとか…今度こそはあの資格を取る…と20年くり返し言い続け
四十代半ばになるまで両親の公務員年金の臑をかじってきた
ひょろひょろの身体で社会経験も無い中年ニートに介護の肉体労働が務まるとは思えず…

世の中の厳しい雨に打たれて
あっという間に散って元のニートに戻ることは間違いないと嘆く親戚一同でした…

さて…彼の人生、雨が止む日は来るのでしょうか…

by kogechatora | 2015-09-11 21:06 | Comments(0)

残暑の頃の車の下

2週間前、まだ残暑だった日。
車の下で日射しを避けているみけさんを見つけました〜

b0190710_23135439.jpg

2015/8/23 習志野市

by kogechatora | 2015-09-03 23:14 | Comments(0)