2017年 11月 06日 ( 1 )

色づいた浦山川 - 秩父・2017年秋 -

こんばんは


土曜日の秩父。


浦山川橋梁を囲む木々は色づいていました~


b0190710_23443270.jpg


2017/11/4 武州中川→浦山口 5002レ C58363+12系客車 

(画をクリックすると大きな画が開けます)


土曜日の天気予報では降水確率はすごく低め。


でも…天気図は怪しかったのですよ。

そして午前中、尾根筋を彷徨っているうちに怪しい雲がどんどん広がって来るのを見て

大急ぎで尾根を下って道端、車から徒歩0分の超々お手軽ポイントへと転戦。


汽車が来る頃からぽつりぽつりと落ちてきた雨粒、

この後、帰り道は寒冷前線の激しい雨の中になったのでありました。


さらに三連休の中日、帰り道はあっちもこっちも渋滞渋滞。

浦山口からまっすぐに帰れば暗くなる前に帰宅できると思ったのに

帰宅した頃には真っ暗になっていたのでありました。


出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

食欲の秋の人も紅葉の秋が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



ウン十年以上前、大学生の頃、自動車教習所に通ったのは11月から12月。

空っ風の吹く群馬でした。

自動車教習所に通っていた間、一度も雨に遭わず

初めて自分でワイパーを動かしたのは自分の車を持ってからのこと。

ワイパーを動かすだけでちょっとドキドキしたのはまだまだ初心者だった頃。


夏には毎日のように雷雨の群馬、

翌夏が終わる頃にはワイパーで払いきれないような土砂降りの中でもへーきでがんがんアクセルを踏めるようになりましたけど、

今でも雨の夜の運転はいやですねぇ。



このボタンの向こうには

迫力ある汽車も

風景の中の汽車も

心象風景の中の汽車も

蒸機が現役だった時代も

いろんな鉄道風景が待っています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-11-06 23:46 | 秩父鉄道 | Comments(0)