お蚕様の里を汽車が走る - 2017年早春・上越線 -

こんばんは


お蚕様を飼っていた越屋根の旧家や土蔵。


近くにはトタン屋根の民家や白いガードレール。


21世紀の利根川上流域を蒸気機関車と焦げ茶色の客車が走ります。


b0190710_22151140.jpg

2016/9/4 上牧→水上 8731レ D51498+12系客車

(画をクリックすると大きな画が開けます)




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


吊橋の見える山の上、

木の枝の隙間からこんな眺めも見えます。


吊橋の眺めもいいですけど

越屋根の民家の後ろを汽車が走る眺めも好ましい。



出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

梅が好きな人も菜の花が好きな人も桜が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



by kogechatora | 2017-03-29 22:18 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)