青い日本海と黄金の稲穂 - 2017年・羽越線 -

こんばんは


昨日今日は2年ぶりの羽越線。


今日はすっきりと晴れ渡った秋晴れ~

日本海の浜辺の里を汽車が走りました。


b0190710_22442253.jpg


2017/9/24 越後早川→間島 9826レ C57180+12系客車 

(画をクリックすると大きな画が開けます)


たまちゃん、千葉の麻呂さん、

いつもいつもの八王子ナンバーの方(今回も名前を聞き忘れました)

帰りの高速道路で出会った岳人さん

鉄分、煙分が大好きな方々と楽しい時間を共有させていただきました~



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



そして地元の方々にもいーっぱいお世話になりました~


2日間のプチ遠征の最後の場所。

稲穂と海を絡められる場所を探しに適当に飛び込んだ田んぼと山の境い目。


狭い田んぼ道がうねうね続く道

車をとめる場所が無い…


地元ナンバーの車を止めてカメラを持ち出していた方に

「SLが通り過ぎるまでここに駐めさせてください」と声をかけて

その方の車をがっちり塞ぐ位置に車を止めました。

その方が線路端の方へおりて稲穂を手前に入れようとしているのを見ながら

私は少しでも高い立ち位置を求めて畑や耕作放棄地をうろうろしていたら…

さっきの車の人が車の前で手招き。

車を動かしたい、と言われるのかと思って走っていったら…

「高い場所探してるのか?」と問われ

「登れるところあるんですか?」と聞き返したら

「あっちから上がれる。草が酷いけどオレが昨日登ったから跡が残ってる」


ほんとーに草が酷い…

すごい藪漕ぎ!

昨日の踏み跡がなかったら絶対にわからない道?をたどった先には

草が刈られた2畳ほどの立ち位置があって

素晴らしい眺めがありました~


汽車を撮った後、ふっと気づいたのは…

たぶんあの方は車から徒歩1~2分の場所にいるはず。

私はここから山を降りるのに10分くらいかかる!

その間、私の車は行き止まりの道にあの方の車を閉じ込めたままだ!

慌てて藪漕ぎ藪漕ぎぬかる道を転げるように這い降りたら

「撮れましたか?」と笑顔で声をかけていただき、本当に感謝感謝でした~


出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

食欲の秋の人も紅葉の秋が好きな人も

桜の季節が今から待ち遠しい人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


山の上では

汽車の時間の直前、

腰に鉈をぶら下げてミラーレスのカメラを持ったおじいさんが登場!

「よぐ こんな場所まであがったな~」と驚かれ、

「あの青い屋根は、オラの頃は中学校だったけど、今は小中学校になってそれでも20人しかいねぐなって、もうすぐ廃校だ。そーしたらここの子供は村上まで10キロをバスで通う」

なんてことを聞いているうちに汽笛が聞こえて汽車がきました。


地元の人しか知らない山の上の眺め。

山の上の竜宮城のような、とっても素晴らしい時間をいただいた今日でした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2017-09-24 22:47 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(12)

Commented by asahinahikari at 2017-09-25 06:55
おはようございます
何も知らないで良い景色ですね〜とばかり〜
こんなご苦労や良い方との出会いなど色々な物語があるのですね
そう思いながら眺める黄金色の景色はなお一層見事な景色です
道を教えて下さった方とネコさんにありがとうございます
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2017-09-25 07:04
海がきれい…田んぼもきれい^^
秋景色の中を走って行く列車、素敵な風景ですね。
写真を撮る方の中には、利己的な癖の強い方もいるし、
「撮り鉄バッシング」もありますけど、そんなの一部ですよね^^
地元の方の優しさやおおらかさが伝わる記事、読んでにこにこです♪
Commented by ck_wanco at 2017-09-25 19:11
こんばんは♪
日本海と田んぼと汽車、とっても良い眺め^^
そして、ステキなお話にほっこりしました(*^^*)
Commented by たま at 2017-09-25 21:56 x
おつかれさまでした
温海での俯瞰 結局断念しました 
それらしい道見つけたのですが
車がボコボコにするのが 嫌で 鼠が関 府屋間の
棚田へ  その後は 60m 間島海水浴場へ
Commented by kogechatora at 2017-09-25 23:30
光さん いつも以上に汗をかいて、いつも以上に傷だらけになった今回の遠征。
いろいろな場所でいろいろな人の親切に助けられた2日間、天気にも恵まれてたーっぷりとストレス解消できました〜
Commented by kogechatora at 2017-09-25 23:30
chiwari-yuki-y2さん 日曜日は見事な秋晴れ〜
もしかして前週の3連休で稲刈りされて枯れ田になってるかも〜と思ってましたけど
まだまだ黄金色が残ってました!
写真を撮る人…我が強い人が多いですねぇ…なので…あまり撮り鉄の多いところには近づかないように…遠くの山の中から高みの見物をしております。
そんな時、地元の方の親切はありがたいものです〜
Commented by kogechatora at 2017-09-25 23:30
WANCOさん これから1週間以上、飽きるほど日本海と田んぼと汽車の写真が続きます〜 
ひとりで里や山を彷徨うのは寂しいけど、ひとりだから地元の人も声をかけやすかったのかも〜と思った昨日一昨日でした。
Commented by kogechatora at 2017-09-25 23:30
たまちゃん お疲れさまでした
1日目の笹川流れはどうでしたか?
早くブログアップして邪魔な広告をどかしてくださいね〜
Commented by mtake-0618 at 2017-09-26 06:36
おはようございます。
地元の人との触れ合いが嬉しいですね。
私も・・写真を初めて嬉しいことの一つです。
海と田んぼを走る機関車・・・私も一度こんな風景撮ってみたいな~といつも思います(^^♪
Commented by koto-mado at 2017-09-26 16:20
こんにちは。
こういう人のやさしさ、心があったまりますねぇ。
Commented by kogechatora at 2017-09-26 23:15
mminaさん 同じ趣味を持つ人との時間も楽しいけど、地元の人たちとの一期一会のひと時も楽しいですね〜
ここで汽車が走るのは、年に1回だけのイベント。
地元の人たちもカメラやスマホで楽しく撮ってました〜
Commented by kogechatora at 2017-09-26 23:15
とーこさん 知らない土地で知らない人から受けるおせっかいなくらいの親切、うれしいですねっ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード