渡らずの鉄橋 - 2017年春・只見線 -

こんばんは


会津川口駅の昼下がり

左手の転車台に向かう機関車

鉄橋の直前まで進んで…戻ってきます…


b0190710_23132753.jpg


2017/5/20 会津川口 C11325

(画をクリックすると大きな画が開けます)



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



この鉄橋から先は2011年の新潟・福岡豪雨以来、不通となったまま…


鉄橋の向こう側では線路の中にも雑木が育ち始めています。


復旧費用は80億円

復旧後の維持費用も毎年2億円超とか…


沿線人口は5000人足らず

鉄道がなくてもバス代行で足りていることも事実…


このまま廃止になるのかと思っていたら

昨年、復旧に向けて地元自治体が費用負担に合意したとの報道。

それから1年、本当に復旧に向けて進んでいるのかと気になり始めていたこの頃、

ふるさと納税とクラウドファウンディングで復旧費用を募るというニュースがでてきました。

(気になる方は只見線の復旧についてネットで検索してくださいませ)


この鉄橋の先の素晴らしい鉄道風景をもう一度撮りたいと願う方は

きっと我こそはと応じることでありましょう。



出口はこちらから

   ↓             

これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

春が好きな人も夏が好きな人も新緑が好きな人も

鉄分が好きな人も煙分が好きな人も

何か当てはまるものがあってもなくても

何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村



少ない運賃収入とボランティアの労力で支えられている海外の保存鉄道に対して

ただ撮りの鉄道マニアと鉄道会社のビジネスと地元自治体の費用負担で成り立つ日本の保存蒸機。


鉄道趣味が大人の趣味として

大人が費用や労力の負担を担い

若い人はただ撮りしながらもいつか自分も費用や労力を担うことを目指すようになって欲しいと思うのであります。



by kogechatora | 2017-05-31 23:15 | 只見線 | Comments(2)

Commented by sun-shi at 2017-06-01 20:54
良いロケーションですねぇ。
只見線は乗ったこと・行ったことがありません。
Commented by kogechatora at 2017-06-01 23:32
sun-shiさん 残念ながら2011年から会津川口-只見の間がバス代行になっている只見線です。復旧が決まったと言っても費用や工期を考えたら、全線再開は何年先のことやら…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード