夜行列車に乗って旅に出たいと思う夜がある

こんばんは

街灯が地上に星座を作る頃
汽車は煙を上げて旅立つ

b0190710_034343.jpg

2015/10/10 日出谷 8233レ C57180+12系客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


本日もご訪問いただきありがとうございます。
ほぼ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
夏が好きな人も春が好きな人も花が好きな人も緑が好きな人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


会社とは怖いところであります

やさしく話すこと
相手を思い遣っていることを伝えること
でも会社としてチームとして遅刻欠勤が多いことに迷惑していて
仕事を任せられない
あなたにやらせる仕事がない
と伝えて


以下省略


彼は今月、24日までにまともに出勤したのは2日のみ
朝には頭痛で午後から出勤といい
昼になると発熱で休むという
翌日の朝には腹痛
翌日は微熱で病院に行くといい
次の朝は財布をなくしたという
仕事を任せられない
作業計画に組み込んでいない社員…
彼の後輩は
あの先輩がアルバイトだったらとっくにクビにしてますよっ
と吐き捨てるように言う

そんな奴は
10年前なら怒鳴りつけて当たり前
20年前なら殴っても許されたと思うも

21世紀の今、そんなことをしたらパワハラにあたると思い
人事部に異動先が無いか、それとも何か良い扱い方は無いかと対応を相談したら
怒鳴るより殴るより左遷よりも
もっともっと遥かに恐ろしい答えが返ってきた

怒鳴ってもいい、殴ってもいいと言われたら気楽だけど
やさしく、相手を思い遣っていることを伝えなどと
そんな役を演じるなんて想像したことも無く
録音している可能性まで考えろと言われるなど夢にも思わなかった



いつかは自分がそんなことを言われる立場になる日が来るのかなぁ



幸いにも?今週も彼の病欠が続いて面談できなかったことに
ほっとしている週末
でも来週には
いつかは
出勤してきた日には向き合わなければならない


人事部の口伝えのマニュアルに会社とは恐ろしいところと震え上がった今週でした




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2016-06-25 00:11 | 磐越西線 | Comments(2)

Commented by sun-shi at 2016-06-25 07:17
私が以前勤めていたところにもそういうのがいましたけど、
その人、もう完全にいまの職場や仕事から気持ちが離れていて、
退職するための"決定的な理由"を探しているところなのだと思います。

要は、棚上げで何か(誰か)のせいにしようとしている…。
会社に足を運ぶことなく(退職手続きとかもせずに)フェイドアウトできたら
ラッキーくらいの思考回路の人なんだと思います。

もういないものだと考えて仕事を割り振った方が良いです。
あてにすると真面目にやっている人にとって精神的に悪影響となります。

仮に出社した場合は、欠勤理由や体調のこと、今日は大丈夫か?などは一切口にせず、
温かくも冷たくもなく、極めて普通に接して、ただ一言、
「何なら今日一日の仕事をやりきる自信がある?」とだけ聞きます。
できるにしろできないにしろ、(最初からできないことを想定した上で)
その仕事を一旦任せてみます。
つまり、自発的に受けた仕事の責任能力を問うて、その人を干してみるのです。
自発的なものではない案件は一切頼まない…。
それで当人が何かを感じるか否か。その人の背中を見てどう感じるか。
職場に自分の居場所が見つけられなければ、遅かれ早かれ消えていくでしょう。
十中八九、結果は見えているように思いますけど…。 (^^;
本人に理由を聞くのはそれから。
「自信が無いものを嫌々やってもらっても効率悪いから、
何ならできるか聞いたよね? 他のことは頼まなかったよね?」って、
あとで言い切ることが出来ますから。

くれぐれも火の粉を浴びることが無いように、お祈り申し上げます。
Commented by kogechatora at 2016-06-25 23:42
sunshiさん 長い長いコメントありがとうございます

私としては、もういないもの…と思っていたんですけど…
それでも人件費はかかる…
偉い人たちはそれが我慢できないのであります

世の中には人間=人件費と思っている人がいるのは困ったことです…

まぁ近いうちに引導を渡すしか無いですねぇ

現状は当人にとって先のない行き止りの路でしょうから
若いうちに違う道を歩きはじめて欲しいと思うくらいのことであります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード