水辺に聳える岩と汽車 - 2016年春・磐西 -

こんばんは

日の長い季節の磐西の愉しみ

汽車を追って県境を越えて越後へ

ゆうゆうと流れる阿賀野川に沿って
汽車は軽やかに下ってきます

b0190710_2352783.jpg

2016/5/28 津川→三川 8233レ C57180+12系客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


本日もご訪問いただきありがとうございます。
ほぼ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
春が好きな人も秋が好きな人も花が好きな人も緑が好きな人も
鉄分が好きな人も煙分が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2016-06-02 23:05 | 磐越西線 | Comments(2)

Commented at 2016-06-05 00:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kogechatora at 2016-06-05 12:59
鍵コメさん 出身が五頭山の麓だったんですね。
五頭山から続く尾根が阿賀野川に落ちる直前、磐越道がトンネルで抜けるあたりのお山から、空気の澄んだ季節に汽車を望もうと地図を眺めております。
徳沢あたり、対向車とすれ違うにも困る細い酷道の景色は何も変わらず…言い換えると、新たに家を建てたり家を建て替える人もおらぬ停滞・衰退なのか…
会津や阿賀の山里の風景、
昭和と変わらぬ風情を好まししいと思うのは都会に住む者のわがままなのでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード