輝く紫煙を残して汽車は走る - 2015年秋・秩父 -

こんばんは

小さな峠を越えた汽車
峠にはまだ紫煙が残っています。

b0190710_2164783.jpg

2015/9/22 武州日野→白久 5001レ C58363+12系客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


先週金曜日に続いて
今週も金曜の夕方に不幸の電話。

システムトラブルを報せる電話に捕まって
夕方からトラブル対応〜
先週に続いて金曜の夜のうちに帰宅できただけでも幸運と思う週末の夜であります。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


普段の汽車撮りは車で出かける…ということは
登り口に車を置いて里山を登り、撮影後は同じ道を車に戻る。

先週末の秩父は久しぶりに電車で撮り出。
車を置いた場所に戻らなくてもいいから別の駅を目指して降りましょう〜と帰り道は尾根筋縦走〜
所詮この小さな里山は、あっちは国道140号、あっちはあの県道、そっちはその県道に囲まれた土地勘のある里山。迷ってもなんとかなるさーと、尾根筋をてきとうーに歩いたら…
尾根の突端は切れ落ちて…道はどっちかと探るとビニールテープの道標が急坂の下の木に巻かれている。
そのテープを目指して降りるも…急な傾斜に人の足跡より目立つ蹄の跡…
いま歩いているのは本当に人の道か獣の道かと道迷いの不安を感じはじめた頃、
下から水音が聞こえてきて…
やばい?沢に降りちゃった??
山歩きの常識として、道の無い沢筋は濡れて滑る岩の危険なコース…迷った時は登って尾根筋の道に辿り着くことが鉄則。
でも…降りてきた急傾斜を登り返して尾根筋を戻る覚悟もつかず…肚を括って降りると
沢に沿って明瞭な踏み跡があるのが見えて一安心。
無事に予想通りにあの県道に辿り着いてほっとした先週末でした。


本日もご訪問いただきありがとうございます。
ほぼ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓             
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。

連休が好きな人も仕事が好きな人も汽車が好きな人も風景が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人はポチッと明日のブログ更新のエネルギーを補充していってください。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2015-09-26 02:17 | 秩父鉄道 | Comments(2)

Commented by skeeknijnie at 2015-09-26 06:48
安谷川俯瞰尾根から東に行くときは細い尾根路が複雑で間違えるとゴルフ場や沢の方へ行ってしまいます。私も何度か彷徨いプチ遭難したので所々に白い紙テープを巻いていたのですが今年の春、確認でまだあったのですがそれを目安にすればOKです。(笑)
神社裏まで出られれば尾根縦走の完了となります。
これから日が傾くのが早くなり行きと雰囲気が変わるのも迷う原因ですね。
Commented by kogechatora at 2015-09-29 00:33
せきけんさん あの場所から正しい道を降りていくと神社の方へ出られるんですね。

この日は遥かに違う方向へ流されて…県道に出たときには温泉に入って帰ろうかと思ってしまったのでありました〜

プチ遭難しても所詮、線路の北側は数キロ圏に県道がある安全圏。
本当に怖いのは都県境まで深い山が続く南側、でも南側からは汽車が見えそうなところが無いので本物の遭難とはまだ無縁です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード