ホバリング

シャッタースピードが遅かった〜

脚と尾羽しかとまってない…

b0190710_209486.jpg



b0190710_2010348.jpg

2014/12/30 東京都練馬区

今日は年賀状書きも大掃除も放り出して近所の公園へお散歩〜
池の周りには三脚が数本立っていました。
100-400ミリズームの手持ちで参戦してみたけど…

飛び立ったりダイビングしたりする都度、響くシャッター音。
でも…カワセミくんのスピードについていけないねこは…ちょっと前までカワセミくんがいた空間やバックの茂みを撮るだけ…

ようやくホバリングがキャッチできたと思ったのにブレブレでした〜

by kogechatora | 2014-12-30 20:10 | 鳥・生き物 | Comments(8)

Commented by tabi-to-ryokou at 2014-12-30 20:34
こんばんは
ブレブレとおっしゃいますが、真正面からよく撮れてますよ。
これ、距離はどれくらいですか。

私もカワセミの撮影に、葛飾区の水元公園に行きますが、
距離が遠くて、しかも70-300mmなので、ホバリングの写真は撮ったことがありません。

練馬区だと武蔵関公園か、石神井公園あたりでしょうか。
どちらも行ったことがないので、近々散歩がてらにカワセミに会いにいこうと思います。
Commented by kogechatora at 2014-12-30 23:01
旅プラスさん コメントありがとうございます。

水元公園もカワセミが撮れるんですね〜
ねこが水元公園でデートしてたのは20年くらい前です…
その頃はカワセミなんて見てなかったし…その後20年以上も行ってないなぁ…

今日は大江戸線の終点です。
400ミリトリミング無しでこのサイズですから300ミリでも充分楽しめると思います。
レンズが長くなるほどに画角が狭くなり…
隣に凄い長玉をつけて三脚を立てるおじいちゃんのカメラが飛ぶカワセミの動きについていくことに驚いたねこでした…
Commented by ccz-48119 at 2014-12-31 06:37
自分が翡翠と出会う場所は600mmでも小さなお姿f(^^;。秘技鳥ミングで姿が分かる位の写真ばかりですので羨ましいです。

なので、いつかあの綺麗な姿を肉眼でもしっかり見れる時があればなぁと、掲載された写真を見て思っちゃいましたf(^^;。
Commented by kogechatora at 2014-12-31 11:33
雪風さん 東京のカワセミは人慣れしています。
周りでは子供が大声を上げて走り回る公園。

枝の上からは水面ばかりではなく
自分に長いレンズを向ける人も見えていることでしょう。

その視線をどう感じているんだろうと思いながらの撮影でした。
Commented by ccz-48119 at 2014-12-31 12:13
珍しく再度返信してみますf(^^;。
そうですよね。翡翠の眼には妙な人間達が居るなと思う事でしょう。
あと、何か現れたら大挙して押し寄せる機材の群れと、少しでも近くで撮りたいという言動と行動を見ると…。その現地に居合わせるとホントに憂鬱なもんです。

もしかしたら翡翠もそんな気持ちを持っているかも。
Commented by kogechatora at 2015-01-01 13:59
雪風さん 新年あけましておめでとうございます。
野生の被写体から見る人間とはどんなものなのでしょうね。
東京の水辺は公園の池でも川でもほとんどの場所に人がいます。
都会で暮らすカワセミはカメラに囲まれながら魚を捕まえます。

そして…撮影者は良い場所を巡って尖った空気…譲り合いや和気藹々なんて言葉とは無縁。
大人げない空気の漂う公園です…
Commented by ccz-48119 at 2015-01-01 21:36
新年明けましておめでとうございます。

自分なんかは相手にプレッシャーをなるべく与えない様にレンズは極力向けない/車内で人と思わせない/近くに来てもらえたらなぁ…という距離感で撮らせて貰ってます。

ただ、これだけ広大な北海道でさえ、撮りたい姿が現れたと聞けば多数の人間が集まり、近くで撮りたい者共が近くの場所を争うが如く移動していたり、畑などの立ち入り禁止の場所でも入り込んだり。また、権威ある方が人の敷地内で三脚をぶったてて撮影している姿も見た事があります…。
また、シマフクロウが夜に現れる宿では撮りたいが為にライトの位置や光量が悪いとかで、国から保護の為に指摘を受けて遵守している宿主に文句をつける[自分だけの写真を撮りたいが為]の機材偏重主義者や、他にも撮りたいが為に木を伐ったり餌付けしたりなど、相手の事も考えない厭な事が多数あるのが野鳥撮影かも知れませんね。

遠距離でも良い写真は撮れます。また、機材ではなく腕と被写体への愛情。そんな気持ちを持っていれば何れ素晴らしい姿を見せてくれるんですけどね…。
Commented by kogechatora at 2015-01-02 22:15
雪風さん このカワセミポイントでは三脚が並ぶのは池の向かい側なので十数メートル離れてます。
でも近くの餌台ポイントでは餌台を眺める位置に東屋があって10メートル足らずの位置から目立たないように三脚を立てられるのに…その前へ前へと出て行く人たち…

夜のシマフクロウの画、感動的ではあってもライトをあてたり撮り易い枝に餌付けなどいろんなことがあるんでしょうねぇ…

1枚の写真にかける時間+技量が写真の価値、
時間を端折って評価を得るなんてダメでしょう。
自然を撮る人は生き物を好きな人であって欲しいと思うのであります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード