雨上がりの八郎潟 - 2014年秋・奥羽本線 -

こんばんは

八郎潟や大潟村の干拓地を望む路を白煙をなびかせた汽車が走りました。

b0190710_20463687.jpg

2014/10/18 八郎潟→鯉川 9621レ C6120+旧型客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
汽車が好きな人も白煙が好きな人も八郎潟の眺めが好きな人も何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人も思わなかった人も
ポチッとエネルギーを補充していってください。


昨日、土曜日の朝、東京は好天。

朝7時過ぎに羽田を飛び立った飛行機の窓からは筑波山から犬吠埼まで遠望できました。
蔵王を見下ろし山形上空では山形の霞城公園と仙台の向こう、松島あたりの太平洋まで見える透き通った空気に期待わくわく〜
ところが…新庄を過ぎて羽前羽後の国境を過ぎると…低い雨雲がびっしり…
秋田空港は雨の中…

レンタカーで北を目指すと…秋田を過ぎると雨が上がって日射しもでてきました。
でも彼方には真っ黒な雨雲も…
迷ったものの俯瞰以外の撮影地を全く調べない考えない準備してないので…
肚を括って登った山道。
この場所に着いた頃から雨が激しくなって…下界はホワイトアウト寸前。

それでも汽車が羽後飯塚を発車する時間には雨がやんで
雨上がりの湿度たっぷり、白煙もこもこのコンディションで汽車がやってきました。

今回も日頃の行ないの成果、
天候に恵まれた撮影行となりました〜


本日もご訪問いただきありがとうございました。
出来るだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ここは楽しい世界の入り口です。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2014-10-19 20:46 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(4)

Commented by ひぐま3号 at 2014-10-20 17:47 x
ご実家への帰省出撃お疲れ様でした~
流石、高見にこだわるだけあって天を味方にしての大俯瞰、いい画をゲットされましたね。
雨上がり低温と来たら白煙でしょう~ってお約束も叶って羨ましい!
この地を走るC61の旧客列車、きっと現役当時もこんな雰囲気だったのでしょうね。
Commented by kogechatora at 2014-10-21 07:13
ひぐまさん 秋田-東能代、線路端では渓谷や海バック、長い鉄橋などの絶景はありません。
高みにこだわる…というよりも高みしか思いつかなかったのです。
あとは歩いて初登頂のここに登るか、車でM山に登るか選択肢は2つでした。

現役当時も…これくらい引くとヘッドマークも気にならない画になりました〜
Commented by とおりすがりです at 2014-10-22 09:56 x
飛行機、よく降りられましたよね。
東風が少しでも強かったら着陸復行して上空待機、もう一度進入してダメなら羽田ターンバックとなる危機でした。

やはり、あの急速な天候回復劇の糸を引いておられましたか。
この列車の通過直前、手前のR7を森岳-北金岡間の山越え区間へと向かう途中、まさに前方の山々を見つつ、ねこさんが登っていらっしゃるかも思っておりました。
あの雨で一気に気温が下がり、さすが高崎の乗務員でもありますし、この日は終日いい煙に恵まれましたね。
作品は八郎潟調整池と白煙の配置が絶妙で素晴らしいです。
だいたい、こんなに真っ直ぐ後方に白煙が残ることなど100回に1回もないことです。

「奥羽のC61」は自分のカマ撮影の中でも原点付近にある一つでして、「ここを走っていた機関車そのもの」として可能な限り見に行きたいと思っております。
Commented by kogechatora at 2014-10-24 00:11
とおりすがりですさん 朝8時過ぎの秋田空港はまだ小雨模様、その後やって来た雷雨とは違って不安を感じないフライトでした。
最初から晴れたらこの白煙や雲の切れ間から射し込む夕陽には会えませんでした。
雨が上がって汽車が来て汽車が過ぎたら雨が降って、またも雨が上がって汽車が来る、は最高の流れ。
この日で今年の天気運は使い果たした感、
来月の只見は雨を覚悟しております。

毎秋恒例の奥羽の汽車、
今年は東能代、昨年は横手、一昨年は東能代…
矢立越えや羽越本線の秋田-酒田など例年と違うパターンも期待したいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード