誰も見ること無く咲く花

ねこのマンションのベランダの睡蓮鉢、今年はじめての花が咲きました。

昨年一昨年はひと夏に4~5回も咲いたのに今年はようやくの開花。


でも…

強い日射しや猛暑があれば朝から全開になる花も

今日の東京は日射しの無い肌寒い朝

出勤前の時間には花びらがちょっと開いただけ。

昼、誰もいないあいだに咲く花は

帰宅する夜には閉じてしまいます。


明後日、土曜日まで頑張れ~

と花を励まして出社した今朝でした。


b0190710_22584270.jpg


40年前、父が坪数千円の土地に実家を建てた頃、

父は日の長い季節には明るいうちに帰宅して

庭の雑草をむしり水を撒き

日が暮れたら夏はキリンラガー大瓶2本、冬なら燗酒2合の晩酌。


おとなとは仕事の後で庭いじりに晩酌をするものと思っていたのに…


自分がその頃の父の年齢になってみると

帰宅は21時22時。

小さなベランダの花を見る間もなく

遅い夕食を慌ただしくかきこむ毎日。


ひと世代のあいだに日本人は本当に豊かになったのか…

時間貧乏になっただけのような気がします。



by kogechatora | 2014-08-28 22:59 | 鳥・生き物 | Comments(2)

Commented by green-field-souko at 2014-08-29 20:07
誰も見ることなく咲く花?
いえいえ、
こうして、ほら、眺めさせていただいていますもの^^

あす土曜、可愛らしく咲くのが楽しみですね。
睡蓮さんに励まされ、わたしは現場へいってきまーす!
Commented by kogechatora at 2014-08-30 22:11
草子さん

コメントありがとうございます

小さなベランダの小さな睡蓮鉢の花もネットにのると多くの人に見ていただいていること、
あらためて感じさせていただきました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード