東京にデゴイチがやってきた

こんばんは

今日は民放テレビ企画のデゴイチ上野入線の日。

大人も子供も
1時間前から待っていた人も
たまたま通りかかった人も
みーんな夢中になったひとときでした。

b0190710_19381883.jpg

2014/3/8 尾久→上野 D51498+PDC+EF65501

今日の線路端は鉄な趣味の方々で大混雑必至。

しかもD51が牽くのは尾久-上野の1駅間となると…
風景に優れた場所なんて全く無し。

お立ち台になる場所も編成がきれいに入るというだけ。
そんな面白みに欠ける場所でねこは何時間も前から場所取りするつもりも無く
でも東京を走るD51は一応撮りたいなぁ。

そこで朝は400ミリにテレコンまで持って
トンデモな場所からD51を撮るつもりで家を出ました。

線路から数キロ離れた展望台へ行く前に線路端に集まる鉄な方々を見学。

すると…10時過ぎの時点では三脚脚立集団はお立ち台に集まっていて
お立ち台以外にはカメラを持った人はほとんどいません。

じゃあ、展望台はやめにしてたまには線路端で撮ってみようかな。

11時頃、先客1~2名だけの静かだったこの場所に立ち位置を決めました。

でも…
12時過ぎにはカメラを持った人が集まりはじめて
13時、三脚無し手持ちで最前列になったねこは…身体を動かすと後ろの人の構図に入りそうで身動きできない…
そして足下の階段には老若男女が集まりました。

13時過ぎには親子連れから老夫婦までこんな人数が集まったというのに、
13時30分を過ぎてもSLの気配は無く。
いつになったらSLがくるのか、
みんな焦れはじめた頃、
漸く遠くに白煙が立ちのぼり汽笛が聞こえました。
あとは…この通りみーんな楽しく汽車を見送ったのでした~

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
汽車が好きな人も東京が好きな人もD51が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

by kogechatora | 2014-03-08 19:39 | 東北本線(直流区間)など | Comments(4)

Commented by ひぐま3号 at 2014-03-08 20:33 x
お疲れ様でした~
電車の中からこの辺りは見えましたよ。10人程度居たように見えましたっけ(12時頃)
高見ポイント、スカイツリー、北とぴあ、文京シビックと候補を上げツリーで登れずでしたから
素直に他の高見に行ってみるべきだったかなぁ~と思うところですが
これもまた「都内の罐」ってことで良しとしましょうかねぇ~

で、画の方、ギャラリーを入れての作画大正解ですね!
キャリア使用独特の撮影姿勢するイッパンジンが最高っ!
Commented by とおりすがりです at 2014-03-08 21:14 x
これはこれは、まさに注文相撲ですね。
皆同じ恰好で撮影している人群、手前の線路群、奥のビル群とはっきり別れた対角線群の間にD51とは、こいつは実に老獪であります。
考えられましたね。
昨日、ここいらから長焦点で新幹線との被りを逆手にモノにした某お方もいらっしゃいましたが、実に好対照です。

私はこの1分ほど前にこの線路の奥の方で超間一髪を味わされておりました。
Commented by kogechatora at 2014-03-09 15:35
ひぐまさん この神社の片隅は三脚を立てていた人も自転車で来ている地元組。
鉄な方々の集団の暗い殺伐とした雰囲気はありませんでした。

シビックはこの朝に登りましたけど、この画のクリナップの看板までは見つけたもののその下を走る電車捕捉できず。台地上の建物の陰になったんでしょう。西日暮里-尾久間の正面寄りは粉粒過ぎて抜け場が識別できず。煙があればわかったかもしれないですけど。
シビックを諦めた後、北とぴあへ転戦する途中、線路端お散歩で妥協しちゃいました。
Commented by kogechatora at 2014-03-09 15:35
とおりすがりですさん 最初は長玉で遠方を狙っていたんですけど、だんだん手前に集まってくるギャラリー。これは撮らなきゃもったいない。いっそ遠方狙いをやめてもう少し低い目線からギャラリーをメインにしようか、なんて思っちゃいました。
奥の被りはここから見ていても悲鳴が聞こえるようでした。
高崎線がぎりぎりのタイミングで駆け抜けて良かったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード