雪と煙の祭典 - 2014年冬・釜石試運転 -

こんばんは

雪と氷の冬季オリンピック開幕とタイミングを合わせたかのように
釜石線のC58239試運転が始まりました。

b0190710_22335096.jpg

2014/2/9 岩手上郷→平倉  C58239+キハ

2日で1往復の撮影効率の悪さ、
朝はマイナス10℃以下に下がりアイスバーンになる道路…

試運転情報に食指は動くけど行く決断に到らず…

さて…どーすんべぇ…

と思っていたところへ
ひぐまさんからの悪魔の囁き…
あっさりと釣られて出撃と相成りました。

しかし…今日の朝もまだ昨日の雪の影響が残る鉄道各線。

最寄り駅から東北新幹線まで辿り着けるのか…不安不安で超早起き。
起きだして早々に運転状況を調べると
最短コースの武蔵野線は大混乱の様子。
4時台の初電で出発、遠回りで新幹線には余裕を持って間に合いました。

ほっとしてウトウトしていると…いつの間にか新幹線が駅も無いところで止まってる??
那須塩原駅手前、那須塩原駅構内のポイント故障で20分以上立ち往生…
雪に強いはずの東北新幹線。
新幹線に乗れば後はだいじょーぶと思っていたのに…
乗っている新幹線は試運転列車の1時間前に新花巻着の予定。
これ以上遅れると間に合わない〜とハラハラするも新幹線の中ではどーしよーもなく…
新幹線の車内を全力で走っても到着時間は変わらんしねえ…
その後、後続のはやぶさの追い越し待ちなど遅延は膨らんで新花巻には40分近い遅れで到着。

どうにか最初の撮影予定ポイントに間に合う時間、
待ちぼうけのひぐまさんと無事合流。

雪が舞う天候でしたがほどほどの視程もあり
煙には大満足。

ひぐまさんの雪道運転と
とおりすがりですさんの試運転情報に感謝の1日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
汽車が好きな人も雪が好きな人も煙が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2014-02-09 22:37 | 釜石線 | Comments(6)

Commented by くろくま at 2014-02-09 23:19 x
あらら、お盛んですねぇ。
青いPDCが見事に隠れてますねっ。
Commented by ひぐま3号@盛岡 at 2014-02-09 23:37 x
お疲れ様でした〜
雪壁直登の3発目をファーストアップとしましたか。
左手に大挙するお立ち台鉄を上から見下ろす快感はやめられませんよね。
Commented by とおりすがりです at 2014-02-10 18:41 x
上り勾配が10‰から20‰に移る橋梁付近ですね。
乗務員のランチタイムの間に、雪山をこんな高度まで登られたんですね。
この辺りだけ程よく吹雪いて、いかにも冬らしいのがいいなぁ。
煙が倒れたのも渺々感を後押ししていい感じです。

当日の朝のご移動では苦労されましたね。
小心者の私は、この日はどうしても撮影しなければならず、あの降りに思わず前日移動してしまいました。
釜石ではびっくりいたしました!
Commented by kogechatora at 2014-02-11 11:15
くろくまさん 2月1ヶ月のあいだにあっちこっちと遠出し過ぎになってしまいそう…
その分、真岡や大井川は行く機会が激減です。
PDCは引くとあまり気にならず、青客に見えないことも無い。
ばん物の白い12系よりも好感でしたよっ
Commented by kogechatora at 2014-02-11 11:15
ひぐまさん 運転お疲れさまでした。
高みからお山の大将気分、お立ち台で窮屈そうに撮る鉄な人たちを見下ろすのって気持ちいいですね。
さらに地上からでは見えない木影山影まで上から見通してカットを稼ぎ…
でも…この斜面は結構キツかった〜
Commented by kogechatora at 2014-02-11 11:16
とおりすがりですさん 情報ありがとうございました。
この後、陸中大橋から前を走るワンボックス車、○○ナンバーで運転席は髪が長く…隣にはどこかで見た髪型〜この組み合わせはあのコンビだぁ〜と釜石駅までついていった次第でした〜
前日移動もちょっと考えたものの…東北も雪の予報に本当に試運転が走れるのか、前泊しても汽車が来ないかも…と不安になって前日移動は止めたのでしたが、新幹線のポイント故障は想定外でした。荒天の時は行くなら前泊、止めるなら早々にキャンセル、どっちかに割り切らなきゃいかんと改めて感じた次第でした
名前
URL
画像認証
削除用パスワード