今日も長瀞発車を俯瞰した - 2014年新春・秩父 -

こんばんは

今日は完全休養日…のはずだったんですけどね…

くろくまさんから耐寒訓練の召集を受け応召いたしました。

午前中は体力作りとして約1時間の山登り。
午後は日射しを遮ろうとする雲を操って日射しを確保しつつ
左へ右へとカーブする汽車を捕捉し続ける精神力の鍛錬。

昨日とほぼ同じコースをトレースして
くろくま隊長ともども北への出撃の備えの万全を確認した正月でしたっ。

b0190710_2157110.jpg

2014/1/3 長瀞→野上 5002レ C58363+12系客車

遠くに汽車が見え始めてきた頃、この撮影地に似合わない車が登場。
鉄な人じゃなさそーだなっと思っていたら…三脚にカメラを持ってきて、くろくまひぐまねこブログをご存知…

そして汽車が長瀞に着いた頃、
見覚えのある車が飛び込んできました。
昨日に続いてせきけんさんとの遭遇でした。

焦点距離300ミリ超でこの豆粒。
ここは空気の澄んだ季節限定の俯瞰撮影地。

いつの間にか高いところが好きな○○のたまり場となりつつあるようです。

でも…この場所は空気の濁る春夏は晴天でも線路の場所さえもわからないような場所。
長瀞発車の白煙も寒い季節限定のお楽しみ。

この季節の蒸機運行、秩父鉄道に感謝感謝の12月1月でした。

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
汽車が好きな人も白煙が好きな人も渓谷が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

新年早々、初詣もせず3日連続の煙撮りとなりました。
3日間とも日章旗のついた正月バージョンのパレオ、
3日間とも全て正面がちに日章旗の見える位置を選んで撮ったので
ブログネタとしては真夏に出しても間抜けな画、鮮度が命の画となってしまいました。
そんなわけで当分の間は秩父日章旗ネタが続く予定です。

by kogechatora | 2014-01-03 21:58 | 秩父鉄道 | Comments(6)

Commented by skeeknijnie at 2014-01-03 22:07
本日はお疲れ様でした。そして2日連続の遭遇、とても楽しかったです。浦山口で日章旗が解るようにアップで撮ったのですがやはり最後の閉めは俯瞰でと思いギリギリ間に合ってよかったです。今後ともよろしく御願いします。 せきけん
Commented by ねこひげ at 2014-01-03 22:33 x
はじめまして。撮影地に似合わない車で登場した者です。波久礼渋滞を避けて、間瀬峠越えで帰宅しようと考えていました。しかし、長瀞発車に間に合いそうなので、この撮影地に向かってしまいました。会話の内容から、もしかしてと思っていた事が的中してしまいました。お会いできました事を嬉しく思っております。他路線の蒸気は疎く秩父鉄道に通っていますが、今後とも宜しくお願い申し上げます。
Commented by くろくま at 2014-01-04 11:47 x
昨日はご案内ありがとうございました。
すっかり脚萎えになっておりまして、ご迷惑をおかけしましたね。
伐採山からの安谷川、的が絞りきれず日の丸になっちゃいました。
返しの長瀞でも構図を工夫することができず、未熟さを体感。
次回出撃がいつになるか分かりませんが、またお付き合いください。
Commented by kogechatora at 2014-01-04 15:35
せきけんさん この日は長瀞辺りで1枚目を撮ってから三峰口2展を目指すことも考えたのですが、
1枚目に良い場所が思い当たらず…三峰口2展は追っかけで行く場所だから…と1時間コースの別の山に登ってしまいました。
次の遭遇はファーストランの頃でしょうかね。
Commented by kogechatora at 2014-01-04 15:35
ねこひげさん いらっしゃいませ。
この撮影地には全く似合わない車を見てまさか三脚とカメラが出てくるとは思いませんでした。
埼玉群馬辺りがホームグラウンドの様子、次回の遭遇を楽しみにしております。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by kogechatora at 2014-01-04 15:35
くろくまさん 登り坂には喘いでも下り坂は軽々と降りていく足腰は健在ですね。
この長瀞発車、渓谷と汽車が離れていて…汽車のアップにすると雑多ばかりが目立ち…その先のギラリポイントも渓谷と組み合わせるとワンパターンになり…どうにも構図が制約されると思っていますが…くろくまさんやせきけんさん、ねこひげさんがどんな切り取り方をされたのか興味津々です。
次回は昨日の訓練の成果を北の大地で発揮されることと思っていますよっ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード