横手盆地で煙を上げるC61 - 2013年秋・奥羽本線 -

こんばんは

まだまだ秋田C61試運転の積み残しが続きます。

先週は刈和野・神宮寺-大曲方面の画ばかりアップしていて
未だ大曲-横手方面の画をアップしていませんでした。

この山の頂からは刈和野方向はR13のアンダーパスから大曲まで約10キロ(途中、山影や大曲の市街地に入って見えない場所もありますが)。
横手方向は遮る物無し。
横手の市街地が遠望できました。
汽車は後三年発車の煙まで捕捉するのが精一杯。
それでも13キロくらいが捕捉範囲。
汽車が見え始めてから見えなくなるまで片道約1時間、往復で2時間。
大曲の市街地・停車中以外は汽車を撮り放題。
動画向きの場所でしょうか。
それとも動画2時間は長過ぎか…

しかし鉄橋やこまちとの並走・すれ違いと面白みのあった神宮寺-大曲と違って、
大曲-横手は一面の田んぼに集落や防風林が延々と続く単調な風景。
ねこの乏しい絵心ではうまく切り取れず…
遠くに近くに縦に横に汽車の大きさは違えども同じような駄作の大量生産に終わりました〜

b0190710_20534996.jpg

(いつも通りクリックすると大きな画が見られます)
2013/10/5 後三年→飯詰 9423レ C6120+旧型客車

明日の朝は通勤時間に台風直撃…
既に中央総武各駅や京浜東北は明朝の間引き運転決定済みの様子。
山手線や私鉄、私鉄と直通運転する地下鉄まで大混乱になるんでしょうね。
東京に暮らす以上は年に1-2回の台風は仕方無いとしても、
台風くらいのことでは会社を休むわけにはいかないサラリーマンの都合というものも
台風には斟酌いただきたいものです…

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
今日の汽車は超芥子粒級、画面中央上部に煙をなびかせる汽車が見えます。
汽車を見つけた人も見つけられなかった人も
汽車が好きな人も煙が好きな人も豆粒が好きな人も芥子の実が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

大雨で斜面が崩れたり川が溢れた程度のことで自然の猛威だの異常気象だのとテレビは大騒ぎ。
でもねぇ…山をごっそりと切り開いて作られた幅数十メートルの切り通しを通る高速道路や新幹線、
東京湾岸にどこまでも続く埋め立て地。
自然の猛威よりも人間の破壊力の方が恐ろしいと思うのはねこだけですかねぇ。

異常気象と言ったって原因は人間が石油・ガス・石炭などを燃やして二酸化炭素をバラ撒いたこと。
異常にしたのも人間。
なんにしても一番恐ろしいのは人間と思います。

by kogechatora | 2013-10-15 20:55 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(2)

Commented by くろくま at 2013-10-16 08:29 x
さぞやHDDの肥やしが増えたことと存じます(笑)
防風林、この辺りでも「いぐね」っていうんでしょうか?
田んぼが海だったらと思うと、陸の松島って感じに見えますね。
2時間堪能するにはヘイズが多くって残念でしたが
2日間、故郷の高みを独占できたのは、いい体験でしたね。
Commented by kogechatora at 2013-10-18 07:34
くろくまさん 「いぐね」は仙台周辺かな?秋田では聞いたこと無いですね。
もう少し早く、田んぼが黄金色の頃の晴れた日ならすごい眺めだったでしょうね。
2-3展、同じ縦走コースの情報を収集してました。
林道の奥まで車で登っている情報がある一方で土砂が崩れている林道の写真もあり…
新しい情報と古い情報、あっちの林道とそっちの林道…情報が錯綜してどこがどうなっているのかわかりません。
1往復運転日に先週末くらいの時間に出発してゆっくり山の中を彷徨ったらなんとかなるでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード