C61の横をこまちが駆け抜けた - 2013年秋・奥羽線 -

こんばんは

昨日の奥羽本線神宮寺駅。

駅に停車中の旧客の横をこまちが駆け抜けました。

b0190710_2039078.jpg

2013/10/5 神宮寺 9422レ/3030Mこまち30号 C6120+旧型客車/E6系

C61の神宮寺発車は10時28分。
こまち30号の大曲着は10時34分。
神宮寺→大曲は神宮寺に停車する普通電車でも6分かかるということは…こまちは神宮寺→大曲を3〜4分で駆け抜けるはず。
ということはこまちの神宮寺通過は10時30分以降、となると神宮寺から少し大曲に走ったあたりで追い越すはず。
ところが…C61が神宮寺を発車する前にこまちが通過しちゃいました…

そして50秒後…C61が発車。

b0190710_20382199.jpg

惜しいなぁ…
この辺りで並走することを期待していたんだけどなぁ…

b0190710_20395021.jpg


今回の秋田遠征、当初の予定は土曜日の朝に東京を出て土曜日の撮影は復路だけ。
山に登るのは日曜日。
ところが…天気予報は土曜日は何とかなりそうだけど日曜日はあまりよろしくない。
それなら山登りは土曜日にしようか…
土曜日は夜明け前の出発。
週末の夜、ちょっと夜更かしの人がベッドに入る頃、雨の中を出発。

そのためには金曜の夜は18時、定時で会社を脱出。
こんな時に限って山手線は遅れ気味。
池袋駅で線路内の落とし物の拾得作業のため…
ホームドアを解放するには電車を止めなきゃいけないのかな…

そして…まだまだ暗い時刻の東京は激しい雨。
それでも東北道を蓮田辺りまで北上すると雨男雨女の勢力圏を抜け出したのか雨が弱まり、埼玉北部では雨が上がってきました。
そういえば…ねこが子供の頃、親父が「東京ってところはいろんな妖怪が住んでる」って言ってたっけ…東京には雨を降らせる妖怪がいっぱい住んでいるんですねぇ…

そしていつものことですが東北道はトラックが多いですねぇ。
雨上がりの夜明け、睡眠不足に加えて雨の視界不良の疲れや緊張から解放されたのか…周りのトラックがふらつきはじめました。
5時53分、トラックを追い越していたら真横のトラックが覆い被さってきました。
6時8分、約百メートル先を走るコンテナトレーラーが走行車線と追い越し車線に跨がってふらーりふらり。
こわーい…
10トントラックやコンテナトレーラーに被さられたらねこなんてぺしゃんこにされてまいます…
15分の間に2回死にかけました。
どちらもクラクションを鳴らし続けて危機回避。
その先、村田ジャンクションでは事故ったトラックが路肩に止まっていました。

だから、磐西に行く時は出来るだけ関越道を使いますけど秋田まで行くには東北道しかないですからねえ…
そして今回の秋田行きはC58239復活の釜石線に向けて東北道に馴れる訓練でもあったのですが…怖さがよーっくわかった今週末でした。

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
今日の汽車は大きくもなく小さくもなく。
汽車を見つけた人も見つけられなかった人も
汽車が好きな人も煙が好きな人も新幹線が好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2013-10-06 20:41 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(6)

Commented by ひぐま3号 at 2013-10-06 21:16 x
秋田出撃お疲れ様でした。
流石、地元だけあって人知れずの高見をしっかりゲットですね~
ウラヤマシィなぁ・・・
次の東北道北上訓練運転は只見かな?セカンドドライバー只今腰を痛めて半病人状態
それまでに治さなきゃね。
秋田出撃の続編楽しみにしておりますよ~
Commented by 妖怪♀ at 2013-10-07 08:16 x
お疲れ様~。
さっすが、晴れ男。

>そして50秒後…C61が発車。

惜しかったですね。

Commented by 溶解 at 2013-10-07 08:38 x
東北道、こわいですね~。
只見も去年みたいに関越で行ったら?
Commented by kogechatora at 2013-10-07 22:00
ひぐまさん この高みはもちろん一人で占有。
刈和野-神宮寺から後三年まで約20キロ以上、1時間も汽車が見えま した。
次回の東北道は只見ですね。
セカンドドライバー以前に山の中でカメラバックを背負った途端にギックリなんてことにならないようにきちんと治しておいてください。
Commented by kogechatora at 2013-10-07 22:01
妖怪♀さん 土曜日は薄曇り、日曜日は重曇り&小雨も。天気予報を信ずる者は救われる、そんな週末でした。新幹線との並走区間を10キロ遠望しても簡単には絡みません。運転期間中、ずーっとこの高みに通いたくなってしまいました~
Commented by kogechatora at 2013-10-07 22:02
溶解さん 只見は時間を考えるとやっぱり東北道ですね。往路の夜明けの東北道も怖いけど帰途の東北道は遊び疲れた普通車がフラフラ…前回も只見の帰途ではちょっと冷や汗がありました(隣席の酔っ払いさんは全く気付いていなかったようですが)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード