天まで続く棚田 - 2013年秋・上越線 -

こんばんは

昨日の上越線、
高い場所から見下ろした大正橋。
後ろには赤城の南斜面に棚田が果てしなく重なっていました。
下から見上げたら見えない棚面、1194メートルの高みには下から見上げていたら見えない眺めがありました。

b0190710_2065326.jpg

2013/9/28 敷島→渋川 8736レ D51498+12系客車

昨日も山の上で三脚を立てて…
何を撮っているんですか〜
と昔は若かったと思われる山ガールさんに山じいさんのお問い合わせに
あと30分で汽車が〜
と答えて驚かれ呆れられ…
さらに…どこから来たんですか?
と問われて…東京から、と答えて…地元の旧山ガールさん&山じいさん達にもう一回驚かれ…

それでも山の上には夕暮れが迫り…

汽車の時間には一人っきり。

車に戻った時、登山口の気温は12.5℃まで下がっていました。

でも…山を下る汽車には白煙さえも無いですなあ…

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
汽車は鉄橋の上にいます。
汽車を見つけた人も見つけられなかった人も
汽車が好きな人も煙が好きな人も無煙が好きな人も禁煙中の人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2013-09-29 20:07 | 上越線(高崎?水上) | Comments(6)

Commented by popoman at 2013-09-30 07:24 x
大正橋の上にはこんな風景が広がっていたんですね
びっくりです
この季節この風景圧巻です
Commented by ひぐま3号 at 2013-09-30 17:22 x
真岡、磐西と続き上越もと今年は未踏峰攻略に燃えてますね。
この三座巡りで、猫から熊に完全変異ですよ(笑)
しかし、水沢山、羨ましいなぁ〜この三座で唯一霞み撃沈はこの水沢山のひぐま
なるほど、抜けたらこんな眺めなんだ〜
こりゃ、リベンジせねばだなぁ。
Commented by くろくま at 2013-09-30 20:15 x
え〜っ、本当に行ったんだ。スゲェ!
安直な展望台でなく、ここまで歩けばこのカーブ。
見通しがよかったみたいですね。羨ましいなぁ。
ひぐちゃん同様ここからはガスの光景しか出会っていません。
背景の段丘の迫り来る姿に圧倒されてしまいました。
Commented by kogechatora at 2013-09-30 23:28
popomanさん 下から見ても見えない眺め、この季節限定ですよっ
徒歩30分、ダイエットにちょうど手頃かも。
Commented by kogechatora at 2013-09-30 23:28
ひぐまさん 未踏峰はまだまだいっぱい。上越は子持、磐西は兎に砥。
その前に11月の只見はどこに登りましょうかね。

今回は抜けはあれども全くの無煙、次回は往路後追いで煙を撮らねば…
復路は日が短くなって大正橋では光が厳しくなってきますけど、往路ならもっと空気が澄んだ時期でも問題無し。
寒くなったらここで大熊猫しましょうか。
Commented by kogechatora at 2013-09-30 23:28
くろくまさん 裏から回れば徒歩30分。
ただし裏に回り込むのに車で30分かかりましたけど。

ここからこんな段丘が見られるなんて全く知りませんでしたけど、400ミリでこのサイズ、テレコンが無いと辛い…芥子粒をカバーするための苦渋の縦アングルでもありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード