緑の山と碧の利根川 - 2013年初夏・上越線 -

おはようございます。

今日の画は6月のスッキリ晴れた午後、
山ビルの巣窟から撮った汽車。

風景は気持ちのいい場所だったけど…
山ビルにマムシを見たら秋が深まるまでは近づけません…

b0190710_735260.jpg

2013/6/22 上牧→後閑 8736レ D51498+12系客車

本日も訪問いただきありがとうございます。
できるだけ毎日更新でまたのお越しをお待ちしております。

出口はこちらから
   ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
このボタンの先には素晴らしいブログがたくさんあります。
見たことの無い撮影地や新鮮な表現技法に楽しいお話し。
ブログっていいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
今日の汽車もいつも通りのサイズ。
汽車を見つけた人も見つけられなかった人も
黒い機関車がスカが好きな人も
何か当てはまるものがあってもなくても
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

by kogechatora | 2013-07-23 07:04 | 上越線(高崎?水上) | Comments(4)

Commented by popoman at 2013-07-23 11:50 x
山ビルにマムシ、あ~嫌ですねぇ
でも写真は手前の川の清涼感が夏の汽車を引き立ててくれています
いい写真ですね
Commented by ひぐま3号 at 2013-07-23 18:30 x
あの先にこんな展望が待っていたのですね。
これなら往路もいけそうじゃないですか~でもねぇ・・・ちょっと様子を見に行っただけで山ビル3匹づつ献上されちゃいましたからね。
ここまでたどり着いたら何匹やら?で、撮り終えて戻ればまたでしょ。
秋、いや冬までお預けは大正解ですね。
Commented by kogechatora at 2013-07-24 22:39
popomanさん 山ビル&まむし…そんなものがいると知ってしまうと近づけません…この画を撮った日は…「知らぬが仏」という言葉の意味をよーく理解いたしました〜
Commented by kogechatora at 2013-07-24 22:39
ひぐまさん この築堤、往路は手抜きの薄煙の可能性が意外と高い場所…そんな理由もあって白煙の季節までお預けが正解なんです…
この場所の先も尾根道が続き線路が見えそーで見えず…というのも木の葉の落ちた時期に再訪したい理由。
それにしてもこんなに民家が近い里山で山ビル大発生とは…七夕の日の山ビル攻撃は想定外でした〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード