去って行く - 2013年桜・上越線 -

桜は散るもの。
かつては勝ち目の無い戦場に赴くイメージであり、
今は卒業式のイメージでしょうか。

お花見は楽しいもの。
素直に楽しみたいもの。

でも桜には悲しいイメージも結びつけられています。

b0190710_21443480.jpg

2013/4/13 上牧→後閑 9736レ C6120+旧型客車

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
今日の汽車は無煙。
汽車を見つけた人も見つけられなかった人も、
何かイイネと思った人も思わなかった人も、
桜が好きな人は
何はともあれポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

昨日の仕事中、調べものがあって古い資料をあさっていました。

10年以上前の資料の山、
そこに出てくる人の名前はほとんどが懐かしい名前。

その中に、ただ懐かしいだけではない、
心が奥底から引っ掻き回される名前が二つありました。

一人はねこの前任者。
いつも大声で明るかった1年後輩の彼が事故に遭わなければ
ねこは今の仕事をすることも無かったはず。

もう一人は超ベテランの派遣社員。
ねこが今の仕事をすることになってから、
彼の脳の血管が詰まるまで、どれほど助けられたことか。
そしてほとんど毎週に1回は仕事帰りにちょっといっぱい(ゆっくりたくさん?)飲んで帰っていたこと。
5年以上、ほぼ毎週1回以上…何百回飲みに行ったことか…


資料探しの途中、
忘れられないと思っていた、
でも忘れかけていた名前に向き合ったとき、
その名前そのものに心が乱れ、
そして次には大事な人を忘れかけていたことに気付いてさらに驚き慌て…
溢れ出す感情を目薬で誤摩化し、
定時のチャイムと同時に仕事場を逃げ出した昨日のねこでした。
そして24時間以上経った今も感情が鎮まっていないことに改めて動揺している今日のねこです。

by kogechatora | 2013-04-17 21:45 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード