雪山を背に煙2本 - 2012年・真岡重連 -

只見線飯山線水郡線と遠征続きのc11
12月の石巻で一区切り
この冬は重連の便りがまだですね

今年の冬もこんな風景に会えたらいいなっ。

b0190710_22452886.jpg

2012/2/5 真岡→寺内 回6100レ C11325+50系客車+C1266

明日から水郡線の本運転ですね
名作はこちらから
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

選挙が近付いて、多すぎる政党が集まったり離れたり…どんどんわからなくなってきました。

アメリカのように、
共和党は自由競争(弱肉強食・優勝劣敗、大企業やお金持ちに有利)、イスラムとは対立路線、
民主党は弱者救済(福祉重視、国内の中小企業救済)、国際協調、
とはっきりカラーが分かれていればわかりやすいのですが…
アメリカの場合は生活苦でもアメリカンドリームを信じて共和党を支持する人も多いから、こんな明確な路線が打ち出せるのかもしれませんね。
弱肉強食で経済を発展させるのと、弱者救済のどっちが、国民の生活にとって良いことなのか、論点が明確(「国民の生活が第一」なんて路線・思想が無いことを自ら暴露するようなおバカさんが入り込む余地はないですね)。

日本の場合は
自民党はどちらかといえば産業重視の自由競争路線ですけど、もともとは農業や中小企業救済路線まで手広く…
民主党は自民党の中でも右寄りだった人たちが飛び出した新生党と弱者救済路線の社会党出身者が集まった超寄せ集めだけに、思想や路線なんてありえない…結局、聞こえのいい話だけを寄せ集めて「マニフェスト」なんていうからお金が足りない、辻褄が合わない、結局は何もできない、変わらない…
維新は明らかに自由競争路線(弱肉強食・優勝劣敗)ですけど、聞こえのいい話をトッピングしているので、勘違いして期待している人がいっぱいいるような気がします。

どの政党もいろんなトッピングを乗せてあれもこれも…と言うことで余計に他との違いを見えなくしているようにも思えますね。

by kogechatora | 2012-11-29 22:46 | 真岡鉄道 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード