標高325メートルから男鹿半島を望む - 2012年秋・秋田C61 -

右手後方は男鹿半島。
左手後方が日本海。
右手に八郎潟とその中に大潟村干拓地。

汽車は?

右下、八郎潟駅を発車した汽車は白黒の煙を高くあげました。

b0190710_2139392.jpg

2012/10/20 八郎潟 9621レ C6120+12系客車

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
今日も超豆粒ですが、汽車を見つけられた人も見つけられなかった人も
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

この時刻まで空は青くて雲も無く、地上には雲の作る斑模様もありません。
でも画の上、西から雲が近付いて来ました。
下山した頃には日が翳り始めました。
そして東京を目指して秋田道を走り始めて1時間も経たないうちに雨がパラパラ。
昨日も天候には恵まれました~

今日の東京は半袖でもいいほどの好天。
でも東北では朝晩は冷え込む季節です。
今回の秋田行きでは保温肌着とセーターを準備。
実際にはセータは出番無しでした。
来週の只見も防寒は必要でしょうね。

by kogechatora | 2012-10-21 21:39 | 奥羽・羽越本線と支線 | Comments(4)

Commented by マイオ at 2012-10-21 23:02 x
うわー、ねこさんご当地ですばらしいのを撮影されましたね!
Commented by 酔っ払い at 2012-10-22 20:18 x
素晴らしい光景をゲットできましたね。

線路端でも俯瞰でも、追っかけでものんびりでも適応できるねこさんに拍手!
Commented by kogechatora at 2012-10-23 23:19
マイオさん 故郷に汽車が走るとなると撮らないわけにはいかず…鉄なことを再開して以来初めての秋田の蒸機、片道600キロを運転して行って来ました。でも撮影成果には地の利は無かったような…
Commented by kogechatora at 2012-10-23 23:25
酔っ払いさん それでは只見は追っかけ三昧といたしましょうか〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード