烏川を渡る - 2012年晩夏・信越線 -

烏川の鉄橋を渡ると高崎市街。
汽車は山を降りて街に帰ってきました。

b0190710_2216351.jpg

2012/9/16 群馬八幡→北高崎 9136レ C6120+旧型客車+D51498(逆)
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。


25年前、この鉄橋の右側に住んで左側の学校に通っていました。
天気の良い日には、R18とR17の分岐点あたりから河原に降りてテニスコートの横を通って、この鉄橋の下をくぐって学校に行ったりしたっけ…
でもこの鉄橋って下り線は足回りが隠れて画にならなかった記憶はあれども上り線については全く記憶にありません…
 
大学2年から卒業まで、ねこが暮らした部屋は家賃9000円、水道代込み。
当時の高崎でも超破格値でした。
土蔵を改造した6畳一間に流し台だけの部屋。
トイレは共同、風呂は近所の銭湯。
大学2年の終わり頃、住人(全員同じ大学)でお金を出し合って共同の電話を引きました。
大学2年の夏頃までは公衆電話だけの生活。こっちから電話を架けることはできても受ける方法は無し。
実家に全く連絡せずにいたら「デンワヨコセ」なんて電報が来たこともあったっけ…(なぜ郵便じゃなく電報だったのかな…)
 
世の中ではバブルが膨らみ始めたころでしたが、そんなものとは全く無縁の生活。
 
お金は無くても時間だけはありました。
 
昔過ごした街を高みから見下ろして…朝まで安酒を舐めながらダラダラだべっていたあの頃が懐かしくなったねこでした。

by kogechatora | 2012-09-20 22:16 | 信越線(高崎?横川) | Comments(4)

Commented by くろくま at 2012-09-21 17:31 x
さすが元地元、しっかりキャッチですね。
それに引き替えくろくまは……

学生時代、楽しかったですよね。
あらさん、岳人さんたちとも時折呑んだっけ。
kopppelさんは当時ぜんぜん呑めなかったんですよ。

バイトのあと、ガード下で呑んで、終電がなくなっちゃうと
銀座からよく歩いて帰りました。
友人のアパートに転がり込んでまた呑んじゃったりもありましたねぇ。
市川から練馬まで歩いて帰ったこともありますよ。

暇があって金がない時代から、金があって暇がない時代へ、
そして、今ではどちらもない時代となってしまいました(泣)
Commented by ひぐま3号 at 2012-09-22 00:10 x
学生時代の安アパート・・・ひぐまも札幌のど真ん中に6畳一間で15000円。築40年の代物に住んでいましたっけ。窓からは札幌市電が見えて・・・
昨年、出張の際に懐かしさの余り散策して来たら、その建物だけが壊されてしまいましたが、回りの同様に古い建物は健在でした
青春時代の第二のふるさとっていつまでも心の中で輝いていますよね。
Commented by kogechatora at 2012-09-23 15:15
くろくまさん 風呂上がりのお散歩…暑い日にはちょっときつかったですね…

市川から練馬って…20キロを軽ーく超えてますよね…歩いているうちに朝になりそう…
金が無くて時間が余っていた頃だからできたことですね。
今はどちらも…オータムジャンボにでも期待しましょうか〜

ところで携帯電話は発見されましたか?
Commented by kogechatora at 2012-09-23 15:16
ひぐまさん 学生時代を過ごした街って思い出が詰まっていますよね。
ほんの4〜5年しか過ごしていないのに…
時間があって体力があって、いろんなことをしていたからでしょうね。
上越や信越の帰途、昔住んでいた場所をちょっと見て行こう…と何度も思っているのにまだ実行できていないねこでした。
あまりにも頻繁に通り過ぎているので、あとでいいや〜になっちゃっています…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード