重連の朝 - 2012年・真岡 -

真岡の重連運転日の朝。
C11とC12のプッシュプル、八木岡の田んぼの中に並ぶ車の列。
毎年おなじみの光景、約1年ぶりに見られました。
この少し先では前後2機ともに良い白煙になるのですが、
光の加減はこの辺りが一番良かった様子。
全部の要素がキレイに重なることは無いですねぇ。

b0190710_23152981.jpg

2012/2/5 真岡→寺内 6100レ C11325+50系客車+C1266

今日もいつものメンバー。
朝はくろくまさんひぐま3号さんをPickUpして東北道から真岡入り。
ミセスさんミスターさんご夫妻に今回初登場のご子息(じゅにあさん)
午前中は別行動の釜飯さん
今日もいつも通り楽しい時間をありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ご訪問いただいた方は、ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

昨日は千葉のC61試運転、今日は真岡重連。
イベント続きの週末、山歩きの疲れも重なって疲労困憊。
普段なら土日の疲れは平日で取り戻すもの…なーんて言っているねこですが、
最近は仕事も忙しく平日に回復の余裕も無く…
明日から長い長い1週間が始まります。

by kogechatora | 2012-02-05 23:18 | 真岡鉄道 | Comments(10)

Commented by ミセス at 2012-02-05 23:22 x
お疲れ様でしたぁ~。
楽しい一日をありがとうございました。

良く登り、良く食べた日でしたね。
もうお腹も脚もパンパンです。

ここのカット、私は山に惹かれ小さ過ぎてなんだかわからなくなってしまいました(>_<)
Commented by 釜飯 at 2012-02-06 06:30 x
昨日はお疲れ様でした(*^^)v

また色々と勉強になりました(^◇^)

流石に昼はパンパンになりました皆様と違う方が(笑)
Commented by ひぐま3号 at 2012-02-06 13:13 x
昨日はお疲れ様でした~
今回もまたまた、ピックアップしていただきありがとうございました。
まさかまさかの三ヶ所登りとまさかまさかのコスパランチに足もお腹もパンパンですぅ~(笑)
画の方、三者三様の天地バランスとなりましたね。
Commented by くろくま at 2012-02-06 17:40 x
今回もすっかりお世話になりました。
帰宅を急いでいたくろくまを寺内まで送って頂き感謝で〜す。

さてさて画の方、誰かさんと被らぬようにサブを持ってきましたか。
落ち着いた色合いがねこさんらしく感じられますね。
午前中の2山登りはけっこうつらいものがありましたが、
煙も拝めたし、とくに2ヶ所目は素晴らしかったですね。

次回は「危険な」台湾料理店もご一緒したいです。
Commented by roy-campbell at 2012-02-06 21:18
じゅにあです。昨日はお疲れ様でした!

SLを撮るために登山する、というのは初体験でした。

線路端でしか今まで撮ったことがなかったので、
真岡の俯瞰が見れたのは感動しました!

でもやっぱり一日に3回の登山はきついですね笑

またぜひご一緒させてくださいな。

Commented by kogechatora at 2012-02-08 23:41
ミセスさん お疲れさまでした〜
午前2回の山登りに午後も高み…よく歩きましたね〜
筋肉痛にならなかったのが不思議なほど。
ここは400ミリでも中途半端な豆粒、いっそ引いて山を入れた方が良かったですよ〜
Commented by kogechatora at 2012-02-08 23:44
釜飯さん お疲れさまでした〜
前日から当日午前の成果、相変わらず凄ーい画を見せていただきありがとうございました。
今のペースならこの真岡の画が出てくるのは暑くなった頃かな?
Commented by kogechatora at 2012-02-08 23:51
ひぐまさん お疲れさまでした〜
帰り道は中途半端な場所で降ろすことになって申し訳ありませんでした。

久しぶりの山歩き、それも1日3カ所登り、これで高みは充分満足な1日でした。
同じくらいの焦点距離のレンズで撮っていても、縦か横か、上か下か、結構違いが出ますね。
Commented by kogechatora at 2012-02-09 00:01
くろくまさん お疲れさまでした〜
意外だったのは真岡の気動車の早いこと…蒸機を追っかける時の感覚なら、あの高みから寺内まで汽車を引き離すことはあっても、あんなにギリギリになるとは思いませんでしたぁ(逆に言えば蒸機がそれだけのんびり走っているってことですね)。
2カ所目は天候や季節を変えて再訪したい場所ですね。
あの場所に限らず、真岡沿線の中では比較的高みの豊富な益子界隈、あの台湾料理店も挑戦の価値ありですよ〜
Commented by kogechatora at 2012-02-09 00:17
じゅにあさん お疲れさまでした~
私も車で高い場所に登って汽車を撮るのは普通にやっていましたが、
汽車を撮るために本気で数十分の山登り、なーんてのはくろくまさんに会ってから初めて経験しました。
そしてこんな俯瞰を見ておくと煙の出る場所出ない場所がわかるので線路端で撮るにも参考になりますね。
若いだけにおじさんたちがヒイヒイ言っている中を悠々と登って来られたのは流石でした。そして画の方も山をいい構図で押さえていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード