紅く燃える山と風に舞う煙 - 2011年初冬・上越線 -

山は燃えるような彩りに包まれていました。

5分くらい遅れて姿を見せたC61、遅れを取り戻そうとしていたのか見事な煙を吐き続けて駆け抜けて行きました。
鉄橋を渡り終わってトンネルに入るまで煙の勢いは衰えること無く。
今年最後の水上仕業を最高の煙で締めくくってくれました。

b0190710_23362188.jpg

2011/12/4 津久田→岩本 9735レ C6120+12系客車

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ご訪問いただいた方は、ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

昨日の関東は見事な冬晴れ。
所沢インターの料金所のゲート越しに富士山が、関越道花園辺りから浅間山がキレイに見えました。
この2つが見えれば空気の透明度は最高。
さらに12月に入って行楽シーズンも終了。
休日の朝というのに関越道下り線は快調快調。
渋滞の名所、高坂SA周辺もスピードを落とすこと無く通過。
往路は途中で時間つぶしして撮影地到着時間を調整するほど。
8時半に自宅を出て撮影地着は10時半。
もっと遠く高くからでも望める空模様でしたが、今年最後の紅葉を求めて通いなれた棚下へ。
帰途も快調、13時には帰宅しました。

そして昨日は東京も紅葉の盛り。
楓も紅葉も色付きました。

b0190710_23364179.jpg
b0190710_2337429.jpg

晩秋の斜光線が作る陰影、彩りが輝いていました。

b0190710_2337218.jpg

しかし秋の日はつるべ落とし、彩りから輝きが消えて行きます。

b0190710_23381940.jpg

by kogechatora | 2011-12-05 23:40 | 上越線(高崎〜水上) | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード