紅葉 - 2010年秋・秩父 -

去年の秋の日、高みから紅葉を眺めました。
谷が紅葉に埋まる中を蒸機が走る…今年は東京近郊では上越線しかないですねえ。

b0190710_22223673.jpg

2010/11/14 白久→三峰口 5001レ C58363+12系客車

さて明日は天候も回復する予報。
煙分を補給してきまーす。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ご訪問いただいた方は、ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。


ヨーロッパの経済危機のニュースが続いています。
日本の株価が下がったり円が高くなったり…日本にも影響は届いていますね。
そこで気付いたのはイギリスはユーロに参加していないんですよねえ。
今回の経済危機が発生するまで、ユーロに参加して経済統合すると経済発展する、ユーロの未来は明るい、と言われてきた中で敢えて参加しない道を進んできたイギリス。
日本も本当にTPPに参加する必要があるのかなあ…

日本では中曽根内閣以来20年以上、規制緩和・自由競争の流れが進んできましたけど、経済は成長せず格差は広がるばかり。
確かに、天下り、無駄な公共事業、国鉄・郵便・電話など半官半民の非効率や銀行員の高給…そんなものが打ち壊されていくのは気持ちよかったし必要なことだったと思っています。

でも最近、ねこは「自由競争では努力すれば豊かになる」なんて嘘だと思うようになってきました。
自由競争では絶対に大企業が有利でしょう。
商店街でも元気な個人商店や小さな飲食店はありますが、チェーン店の深夜営業が当たり前になる中、小規模な経営では個人の睡眠時間を削らないとついていけない…
新しい商品の開発も、何十人何百人のスタッフが世界中から安価に商品調達してレシピを研究する大企業に対して、個人で出来ることはあまりにも小さい…

東京の商店街がチェーン店に埋め尽くされていったり、地方では郊外のロードサイドだけ栄えて駅前商店街はシャッター通りになるのも決していいこととは思えません。
商店街で生計を立てていた人たちの生活は…もっと大きく言えば地域の経済活動には…明らかにマイナスですよねえ。
一方で大企業はアルバイトや派遣など安い労働力を最大限に使うだけで、豊かな人を生み出す訳でもなく…
もちろん、残業を終わって深夜に帰る時、コンビニとファミレスしか開いていなかった20年前と違ってスーパーも居酒屋も開いている今の生活は便利です。
でも便利さを少し我慢しても自由競争を制限してもいいのではないのかなあ、ねこは最近思い始めたのです。

貿易の自由も同じこと。
いくら危険と言われても中国からの安い野菜の輸入もまた増えている様子。そのままの姿で野菜として買う人は減っても外食などで加工されて出てくる野菜は安い中国産なんでしょうねえ…
対抗しようとしたら日本の農家の所得水準は中国並みになってしまう…農地面積が狭い分、もっと悲惨かも…
もちろん経済が成長しないと自分の給料も増えないし、貿易で外貨を稼がないと石油も輸入できない。でもTPPに参加しないと日本は経済発展から取り残される…と言う話を聞くと素直には納得できないねこでした。

by kogechatora | 2011-11-19 22:23 | 上越線(高崎?水上) | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード