光が溢れる午後 - 2011年秋・秩父 -

午後の荒川橋梁は逆光に光る川に汽車のシルエットが浮かびます。
先日、引き画をアップしましたが、今日はしっかりと引き寄せた画で(まだそれでも世間の基準で見ると小さいですかね?右上の屋根の輝きに気を取られて中途半端になってしまいました)。

b0190710_6441527.jpg

2011/10/8 親鼻→上長瀞 5002レ C58363+12系客車

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ご訪問いただいた方は、ポチッとエネルギーを補充してください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

写真とは光の扱い次第で全くイメージが変わるもの。
かつて銀塩の頃、リバーサルカラーは現像所から帰ってくるまで仕上がりを知ることは出来ず…試行錯誤なんて無理でした。
しかしデジタルでは現場で液晶画面を確認しながら露出を決め、さらに帰宅後にシャープやコントラスト、色を調整して…お立ち台で見たイメージに少しは近づけるようになりました。
となると、その場でどんなイメージを持てるかが巧拙に大きく影響を与える訳ですが………堅物のねこには写実以外のイメージが思いつかず…せっかくの技術進歩の恩恵に預かれておりません。

by kogechatora | 2011-10-14 06:44 | 秩父鉄道 | Comments(4)

Commented by 釜飯 at 2011-10-14 07:36 x
光りもの好きにはタマリマセ~ン☆

モノクロでもピカリンにポチっと
Commented by くろくま at 2011-10-14 20:34 x
う〜ん???
くろくまとしては、水面のきらめきが好きなんですよ。

>現像所から帰ってくるまで仕上がりを知ることは出来ず・・・
そうだったですよねぇ。
モノクロだって現像次第で泣き笑いがありました。
相変わらず「高み」&「白飛びなし」を続けているくろくまも
生きた化石なのかもしれませんね(笑)
Commented by kogechatora at 2011-10-15 07:45
釜飯さん ペカペカの光りもの、思いっきり派手に明るく飛ばしましたー。
ポチポチありがとうございますー。
Commented by kogechatora at 2011-10-15 07:46
くろくまさん チラチラ光る水面もいいですよねえ。でもこの最上段はこの撮り方かなぁ…とデジタルの特権、液晶画面を何度も確認してギリギリまで明るく仕上げました。
銀塩の頃なら、1台はアンダー、1台はオーバーでどっちかは使い物になるかなぁ…なんて撮り方をしたものですが、今は両方を活かせます。
実は、この場所、パレオ運転開始間もない頃、銀塩時代の曇った日に超アンダーで使い物にならない失敗をしたことが…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード