濁った利根川を渡るD51 - 2011年晩夏・上越線 -

今日は撮りたい撮影地がある訳でもなく、新規ポイント開拓のアテも無く、今ひとつやる気の無い出撃でした。
さらに朝からザッと夕立?朝立ち?があったり、今日の空は不安定。
棚下辺りも日が射したり翳ったり。
単独行ということもあって定員1or2名の狭い逆光側の撮影地へ。

2ヶ月前は定員1or2名だった撮影地は下草が刈られて定員4名くらいになっていました。
さらに前の木も切られて川が見えるようになって雰囲気も変わっています。

そして直前まで日が射していましたが、汽車が来る頃、棚下鉄橋は翳りました。
大当たり〜!逆光側で正解でした〜

b0190710_15401135.jpg

2011/9/11 津久田→岩本 9735レ D51498+12系客車

利根川は先週来の雨で濁って水量も多く。

毎年、どこかで水害のニュースがあります。
でも今年は新潟・会津に南紀など例年よりも酷かったような気がします。
もうこれ以上、自然災害が続きませんように。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

ねこが5年半前まで住んでいた場所は小さな川の近く、周りより数メートル低い谷底でした。
ねこが今乗っている車が納車された3日後、最初の週末、土曜日の朝起きると車の中には水溜まり…
そういえば前夜は夜中に激しいゲリラ豪雨が降っていたっけ…
納車3日目にして工場入場…内装張り替えに電装系交換…
費用が全額保険で賄われたのが救いでした。

また、ねこが6歳まで住んでいた家は5歳の頃に床上浸水。
畳が浮かび泥鰌が家の中を泳いでいました…
建築準備中だった新しい家が出来るまで1年、畳が足りずに部屋の橋の方はゴザを敷いて済ませていました。

泥水の光景、何ともイヤーなものですね…

by kogechatora | 2011-09-11 15:41 | 上越線(高崎〜水上) | Comments(6)

Commented by ZhenTong at 2011-09-11 16:30 x
こんにちは~
かなり濁ってましたね。せっかく諏訪峡行ったのに、泥色でした。昨日、今日と結構歩き疲れました。さすがに棚下まで歩く根性は無いです…。
Commented by お出かけでしたか? at 2011-09-11 17:20 x
微妙な煙、逆光側でしっかり写せましたね。
今日はご夫妻とゼットンさんが上州入りしていたみたい。
↑あっ、ゼットンさん来てる。。。
でね、気になる記述が・・・

>下草が刈られて定員4名くらいになって・・・
>前の木も切られて川が見えるようになって・・・
厭なことです。
自分勝手な「鉄」たちのやることはあまりに酷い!
撮影に行くのにノコやナタを持って行くなんてあんまりです。
日頃から評判の悪い「鉄」たち・・・
同類に見られていることに情けなさを感じてしまうのはくろくまだけかなぁ。
Commented by ミセス at 2011-09-12 07:27 x
いらしていたんですね。
下りだけで帰られたのかな。。

しかし、暑かったですね。
日陰は風があって心地良かったのですが、強い陽射しに疲れましたわ。

こちら、、陰って欲しい諏訪峡で汽車通過時間にピーカンでした(泣)
Commented by kogechatora at 2011-09-12 21:06
ZhenTongさん 日曜日も上越におられたんですね。泥色の諏訪峡は残念でしたね。
私は後ろの山から諏訪峡大橋を見下ろしていました。
確かに棚下は歩くには遠いですね。
もう少し早く計画できればご案内しましたのに…次回はまたみんなで撮りたいですね。
Commented by kogechatora at 2011-09-12 21:06
お出かけでしたか?さん 足場は下草を刈ったくらいでそれほど目立つ開拓でもないのですが、画の右下、川を隠していた木は足場から数十メートル先、そんな場所で結構な高さの木を切っているのは…地主さんが怒らんと良いのですが…
Commented by kogechatora at 2011-09-12 21:06
ミセスさんも諏訪峡におられたんですね。
昨日は追っかけて水上インターを出てところで、泥水の諏訪峡はあまり美しくないなあ、と迷わず後ろの山に登ってしまいました。
後ろの山は涼しかったですよー。
涼しくても追っかけで山登り(山走り?)は汗だくになりましたが…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード