風雲接近 - 2010年・只見線 -

昨日の秋田の最高気温は25℃、大雨で鉄道も運転見合わせ続出。
一方で東京・練馬では約37℃、かんかん照りの猛暑。
あまりにも不平等じゃないですか。
猛暑に苦しむ東京の皆さんのため、そして大雨に難儀する秋田の方々のため、ねこは今朝、秋田から東京へ雨雲と涼しい風を引き摺ってきました。

来週末から来月にかけて群馬DCの蒸機イベントが続きます。
でもこの季節、台風シーズンなんですよねえ…
誰かが風雲を操って荒天を呼び込まないことを祈っております。

画は昨秋の只見本運転。
この日は台風接近、終日、雨が降ったり止んだり。
そして帰途は日没後&雨幕で全く前が見えない東北道を突っ切りました。
来週末から来月のイベントは好天に恵まれて欲しいですね。

b0190710_21161798.jpg

2010/10/30 会津柳津→郷戸 9425レ C11325+旧型客車

2泊3日の帰省。
実家でビール呑んで、オヤジの老化の進み方を見て、おふくろの愚痴を聞いて過ごしました。
老老介護の典型の我が実家。
先を思うと悩みは尽きず。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
ブログランキング参戦中。
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
過去にお蔵入りさせた残り画が続いていますが、1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充していってください。

17日水曜日、帰省の流れは終わったはず、と思っていたのですが夏休み中ですね。
東北道下り線は渋滞までは至らないものの流れが悪い…宇都宮を過ぎて2車線区間になると渋滞に限りなく近い状態に。
それでもいつの間にか快調に流れ始めて、仙台を過ぎた頃にはスピードが出過ぎるくらい。
気温は朝9時の東京で30℃を超えて昼過ぎの仙台では35℃を超えて暑ーい日でした。
しかし岩手県に入ると雨雲がかぶり始めて気温も30℃くらいまで下がってきました。
秋田は気温28℃。でも雨上がりの高い湿度でムシムシ。
9時出発、16時半に実家着。所要時間は7時間半、昼休み1時間なので実質6時間半でした。

その17日、反対車線は仙台以北から渋滞が始まっていました。ネットで見ると渋滞は仙台以北から川口まで断続的に累計80キロ以上。
翌18日も渋滞情報をチェックすると累計は40キロ以上…

今日、金曜日に東京に戻る人は少ないと踏んでいましたが、朝出発時点ではどれほどの渋滞に遭うかドキドキハラハラ。
でも予想通り、仙台までは渋滞無く比較的快調。
しかし仙台宮城インターから東北道は事故で通行止。通行止め直後らしくまだ出口渋滞も始まっていないタイミング。
カーナビに従って仙台南インターを目指すと、こちらもまだ渋滞も無く10分ほどで仙台南インターから再度、東北道に戻れました。
もう少し早く通りかかっていれば、通行止めになる前に事故現場の渋滞に巻き込まれていたし、もう少し遅ければ出口渋滞から一般道も渋滞になっていたと思うと、良いタイミングだったんでしょう。

by kogechatora | 2011-08-19 21:16 | 只見線 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード