白い雪と白い雲と白煙 - 1988年・七尾線 -

曇り空に白煙。予想外に映えています。

b0190710_2373129.jpg

1988/2/13 金丸→能登部 9903レ C56160+12系客車+マイテ49

曇り空をバックに白煙なんて冒険ですねえ。
全然覚えていないんです。
なぜこんな撮り方をしたのか。
大学4年の2月、常識的に言えば就職が決まっています。ましてバブル絶頂の頃。
就職戦線、内定なんていくらでも、という時代。
しかし、この画を撮った頃の私は大学5年生確定していました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(ねこごはん)です。
ご訪問された方はポチッとエネルギーを補充していってください。
ランキングには他にも素晴しい写真があります。
ここからランキングへ、そして他のランキング参加者のブログも見てください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

この気動車も引退の日が近付いているようですね。
かつては、どこにでもいたキハ28・58系。
いなくなるなんて信じられません。寂しいことです。

b0190710_2363137.jpg

1988/2/13 能登部→金丸 342D キハ58488他4連

b0190710_236502.jpg

1988/2/13 七尾運転区 キハ28 2448

by kogechatora | 2011-01-26 23:07 | 北陸地区 | Comments(3)

Commented by 懐浪漫人 at 2011-01-28 00:32 x
ここ数日のお写真を拝見すると、まるでご一緒したかのように思い出の地ばかりで感動してます。

ところで、ここ七尾区でC571とC56160の並び撮影をしていた際、なにげに目に付いた鐘と動輪の記念碑についての思い出です。

ゆかりのC56のスポーク動輪かと思いきや、少々サイズが小さかった為いつもの癖で刻印調査をしたところ、そこにあった文字は“79602“・・・そうです、国鉄最終蒸・機になりながら追分区の火災とともにその数ヵ月後に解体されてしまったあのキューロクイです!!

記念碑自体が真新しかったので、たまたま苗穂工あたりに残っていた動輪を特に意味無く使用したものと思われます。まさか、こんなところで思い出の分身に再会するとは思っても見なかったことです。今となっては、七尾に行く事はまずないと思いますので再確認できませんが現存しているのでしょうか・・・
Commented by kogechatora at 2011-01-29 20:39
懐浪漫人さん 80年代ヒットパレード、たぶんどこかで三脚を並べさせていただいていたんでしょう。
七尾運転区、動輪見た覚えはあります。でも刻印までは見ていませんでした。そうだったんですね。再確認したいお話ですね。でももう行くことは。。。。
Commented by 懐浪漫人 at 2011-01-30 03:51 x
すみません文中訂正します。
>キューロクイ⇒キューロクでした・・・イが余計
名前
URL
画像認証
削除用パスワード