2010年秋 只見紅葉号 本運転(2) - 雲と汽車と村と川 -

大志の集落を対岸から望みました。
雨が止んだとき、汽車が白煙をひいて駆け抜けました。

b0190710_20535684.jpg

2010/10/30 会津川口→会津中川 9430レ C11325+旧型客車

先週、試運転の時には路を見つけられなかった場所。
偶然が重なって???、誰もいない場所。
くろくまさんと二人だけで右に左にカメラを持って歩き回りました(ほんの数十メートル先、林道のカーブの向こうは三脚の林だったんですが)。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがねこのエネルギー源(キャットフード)です。
1日1回 ポチッとエネルギーを補充してください。
ランキングには他にも素晴しい写真があります。
ここからランキングへ、そして他のランキング参加者のブログも見てください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
こちらも応援を宜しくお願いいたします。

by kogechatora | 2010-10-31 20:56 | 只見線 | Comments(4)

Commented by くろくま at 2010-10-31 21:27 x
おっ。こう切り取りましたか。
鏡面の濡れた集落、いい感じですねぇ。
今回のくろくま、ねこさんのお陰で楽しめました。
あまり楽ばかりしないよう規制をかけますが次回も宜しく。

今日は久々の完全休養日になりましたよ~っ。
Commented by アンギュロン at 2010-10-31 21:45 x
くろくまさんとのアベック・ショット。
うらやましいですー。
探せばこんないいポイントが残っているんですね。
またまた只見がうらやましいー。

ところで、会津地方の屋根って、カラフルなんですねー。
ベンガラを使った赤瓦は私の地元の中国地方には多いのですが
ライトブルーやコバルトブルーの鮮やかな屋根には驚きました。
Commented by kogechatora at 2010-11-01 22:03
くろくまさん 後ろの山に流れ込んでくる雲と手前の鏡のような水面、と狙ったら教科書通りに汽車が真ん中。
雨の只見は第一鉄橋で見た通り、アイレベルでもガスが出てくる気象条件。次回は高みを楽しみたいですね。
Commented by kogechatora at 2010-11-01 22:07
アンギュロンさん 只見の蒸機は、どこで撮っても何とかなる、そんな素晴しい風景に中を走ります。
雪国の家は瓦は使えないんです。
昔ながらの茅葺き屋根をそのままトタン屋根に変えただけ。
そういえば、トタンの色はどこでも赤と青だけですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード